« なぞのEmberiza | トップページ | コノドジロムシクイ »

2008年1月21日 (月)

秋が瀬 (1月20日)

何故か鳥がいないと聞いているのに秋が瀬に行きました。

事前の下調べではコミミが近くに出ているとかは分かりましたが時間が中途半端で多分見れないだろうと思っていました。

子供の森で最初からキクイタダキが出迎えてくれました。その後オナガがハイタカの若にモビングを懸け、更にボソガラス加わる苛めに発展しました。ヤドリギの実がすでに随分と生っているので今年もレンジャクを期待したいです。

Mistle

一周しましたがそれと言って鳥は見当たらず、ピクニックへ移動しました。ここでチラッとルリビタキを見たり、アオジノバリエーションを見たのですが、アリスイやマヒワは見つけれませんでした。とっても静かな森でした。池はまだ凍っていました。

その後大久保農耕地に行き、シロハラクイナのポイントを下見。辺りを歩くとタシギが足元から飛び立ちおどろかさられる。チョウゲンボウでも見たいなと思い捜すが見つけれずに、代わりにオオタカがドバトの群れを追っかけている目撃。ついでにタゲリも怖がり逃げ惑う。しばらくして落ち着いたのか近くのグラウンドに降り、えさを捕り始める。地面を蹴ってえさを捜す様子はまさに名の通り!!

Tageri

コミミズクは見つけれず終わり。

その後新しく情報をもらった公園に移動して、貴重な鳥を見る。情報が俺のところまでしっかりと伝わって本当にありがたい!!感謝感謝。

|

« なぞのEmberiza | トップページ | コノドジロムシクイ »

探鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515551/9999173

この記事へのトラックバック一覧です: 秋が瀬 (1月20日):

« なぞのEmberiza | トップページ | コノドジロムシクイ »