« クロツラヘラサギ | トップページ | イワミセキレイ »

2008年2月 3日 (日)

九州探鳥旅行リベンジ編(1/31)

前日鹿児島市内に泊まり温泉銭湯につかり疲れを癒した後焼酎を沢山飲んだので、朝がゆっくりだったこの日は近くに銭湯があるので行ってみました。普通の銭湯でしたが、お湯はやはり温泉でした。

attoさんの家に集合して、そこからカワセミとヤマセミを見てから姶良へ移動。

姶良は海の堤防内にえびの養殖所がありそこに野鳥が集まる場所でした。まずはヘラサギの綺麗な個体がいるとの事でそれを見る。クロツラヘラサギと一緒にいるのでどれがそうかすぐには分かりませんでしたが、attoさんがすぐに教えてくれました。あいにく寝ていたので綺麗になっているというノド元が見えなかったのですが、たまに起きるそうで、それを待っていると起きてくれました。

Herasagi1

残念ピンボケですが、感じは分かります!

Herasagi2

左がヘラサギで右がクロツラです。頭に冠羽が出ています。もう少しすると金色の色が出るのでしょう

その後隣の池でアカハジロをゲット。距離はあるけど見るだけでも十分!!

Akahajiro

相変わらずすごい色ですね。

その後宮城県の御池に出ているイワミセキレイをみに移動。霧島の温泉郷の横を通り、更に山道を進みキャンプ場まで行く。話しによればキセキレイとともに行動をしているそうで、捜すが見つからない。attoさんが少し捜しに行くとすぐに見つかる。

イノシシが掘り返した地面でよくエサを捜しているそうです。

Iwamisekirei1

地面にいたハエを食べる瞬間です。色が良く出ていません

Iwamisekirei2

他のセキレイ類ほど飛んだり早歩きで移動はしませんが、ひたすら歩きまくる鳥でした。更に人を恐れずにどんどん近づいてくるのでビックリしました。

Iwamisekirei3

他のセキレイ類との大きな違いはほとんど鳴かないことでしょうか?良くは分かりませんが、ひと声の地鳴きを数回聞いただけです。

その後去年泊まった宿の近くの森でカラ類を探すが寂しく静かな森でした。前回はビックリするほどいたのですが、、、その代わりアトリがいました。今回のたびでは九州の代名詞のアトリの群れがまったく見れなかったので、数はともあれしっかりと見れたので由とします。

Atori

ここで今回の探鳥はお仕舞い。

九州は東京のバーダーには夢のような場所でした!!また必ず行きます!

  1. カイツブリ
  2. カワウ
  3. ダイサギ
  4. コサギ
  5. アオサギ
  6. ヘラサギ
  7. クロツラヘラサギ
  8. マガモ
  9. カルガモ
  10. コガモ
  11. ヒドリガモ
  12. オナガガモ
  13. ハシビロガモ
  14. ホシハジロ
  15. アカハジロ
  16. キンクロハジロ
  17. スズガモ
  18. ミコアイサ
  19. ミサゴ
  20. トビ
  21. オオバン
  22. シロチドリ
  23. ハマシギ
  24. セグロカモメ
  25. キジバト
  26. ヒメアマツバメ
  27. ヤマセミ
  28. カワセミ
  29. コゲラ
  30. イワミセキレイ
  31. キセキレイ
  32. ハクセキレイ
  33. セグロセキレイ
  34. サンショクイ
  35. ヒヨドリ
  36. モズ
  37. ルリビタキ
  38. ジョウビタキ
  39. イソヒヨドリ
  40. シロハラ
  41. ツグミ
  42. ウグイス
  43. エナガ
  44. ヤマガラ
  45. シジュウカラ
  46. メジロ
  47. ホオジロ
  48. アオジ
  49. アトリ
  50. カワラヒワ
  51. イカル
  52. スズメ
  53. ムクドリ
  54. ハシボソガラス
  55. ハシブトガラス

今回途中から合流させてくれたKogeraさん一同と鹿児島を案内してくれたattoさんには本当に感謝します。ありがとうございました。

|

« クロツラヘラサギ | トップページ | イワミセキレイ »

探鳥旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515551/10226352

この記事へのトラックバック一覧です: 九州探鳥旅行リベンジ編(1/31):

« クロツラヘラサギ | トップページ | イワミセキレイ »