« 波崎、銚子などなど | トップページ | 銚子 »

2008年3月31日 (月)

波崎(03-30-2008)

写真と記録を整理していたら、随分と多くあるので回数を分けてブログへ書きます。

まずは最初に到着した波崎新港です。7時に新宿集合で、9時ちょい過ぎに波崎到着。目標の10時前には着いたのでよし!

1月に来た時よりも第一印象でカモメ類が沢山いると感じました。これは以外ですが、シーズン最後の盛り上がりなのでしょうか?まずは港内にいる鳥をチェック。

スズガモ、カンムリカイツブリ、アカエリカイツブリ、ウミウ、ヒメウ、シロエリオオハム。ナイスな事にシロエリオオハムはかなり近くに出てきて、慌ててデジスコを用意するがピントを合わせる前に潜り、違う場所に出てきたりし、諦めました。

砂浜の方向にカモメを見ながら歩くと古いほうの港にいたカモメ類の中に大好物のシロカモメを発見。前回は千人塚で1羽しか見つけれなかったので、幸先がかなり良いです!テンションも上がりました。

Sirokamome1

曇りのカモメは難しいですな!!距離は比較的近かったけど、風など、、、、、言い訳が、、、

次にドラム缶で出来たブイの上に2羽クロガモが休んでいました。近くまで寄れたのですが、その内1羽にはテグスが絡まっていました。伸びをしたりして余り体を制限していないようにも見れたのですが、こればかりは分かりません。無事に命をまっとうできますように。

Kurogamo1

こいつは相方の方です。丁度羽を伸ばしてくれたのでパパラッチ!!フィールドでは可愛い目まで見えたのですが写真ではここまで

堤防の先の砂溜まりにミヤコドリが風を避けて休んでいるのを発見。被写体はクロガモのように羽を伸ばしてくれたのでこれもゲット!!

Miyakodori1

近くにはハマシギの小さい群れとシロチドリ1羽がいて、これからシギチシーズンが待たれます。

堤防の上を歩いていくが沖には鳥はほとんどいない。ミズナギドリはまた今度。波崎の砂浜には多くのカモメ類が休んでおり、中には足の黄色いホイ系がいました。ミユビシギの冬羽も少し。

漁港に戻りシロエリオオハムを捜すとかなり遠い所に浮かんでいるので証拠写真だけでも

Siroerioohamu1

これでは分からないね~~!!

すると突然目の前に現れた鳥が、、、

Akaerikaituburi1

夏羽に換羽が始まったアカエリカイツブリでした!!

波崎を離れ、利根川沿いを車で少し走り波消し堤防の上に休んでいるカモメたちを観察。

セグロカモメ、オオセグロカモメ、ユリカモメ、カモメ、ウミネコ、ワシカモメ、ウミウ、カワウなどが見れました。カナダは見つけることが出来なかったけど、ここにいたようです。

Kamome1

カモメの成鳥夏羽に換羽中の冬羽個体でしょうか?

Umineko1

ウミネコ成鳥夏羽でしょうか?換羽は終わっていると思いますよ。

Segurokamome1

セグロカモメの冬羽でしょうね?こいつが何度もカナダに見えてしまうんです、カナダカモメ分からない病です、私。

|

« 波崎、銚子などなど | トップページ | 銚子 »

探鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515551/12014934

この記事へのトラックバック一覧です: 波崎(03-30-2008):

« 波崎、銚子などなど | トップページ | 銚子 »