« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月31日 (月)

波崎(03-30-2008)

写真と記録を整理していたら、随分と多くあるので回数を分けてブログへ書きます。

まずは最初に到着した波崎新港です。7時に新宿集合で、9時ちょい過ぎに波崎到着。目標の10時前には着いたのでよし!

1月に来た時よりも第一印象でカモメ類が沢山いると感じました。これは以外ですが、シーズン最後の盛り上がりなのでしょうか?まずは港内にいる鳥をチェック。

スズガモ、カンムリカイツブリ、アカエリカイツブリ、ウミウ、ヒメウ、シロエリオオハム。ナイスな事にシロエリオオハムはかなり近くに出てきて、慌ててデジスコを用意するがピントを合わせる前に潜り、違う場所に出てきたりし、諦めました。

砂浜の方向にカモメを見ながら歩くと古いほうの港にいたカモメ類の中に大好物のシロカモメを発見。前回は千人塚で1羽しか見つけれなかったので、幸先がかなり良いです!テンションも上がりました。

Sirokamome1

曇りのカモメは難しいですな!!距離は比較的近かったけど、風など、、、、、言い訳が、、、

次にドラム缶で出来たブイの上に2羽クロガモが休んでいました。近くまで寄れたのですが、その内1羽にはテグスが絡まっていました。伸びをしたりして余り体を制限していないようにも見れたのですが、こればかりは分かりません。無事に命をまっとうできますように。

Kurogamo1

こいつは相方の方です。丁度羽を伸ばしてくれたのでパパラッチ!!フィールドでは可愛い目まで見えたのですが写真ではここまで

堤防の先の砂溜まりにミヤコドリが風を避けて休んでいるのを発見。被写体はクロガモのように羽を伸ばしてくれたのでこれもゲット!!

Miyakodori1

近くにはハマシギの小さい群れとシロチドリ1羽がいて、これからシギチシーズンが待たれます。

堤防の上を歩いていくが沖には鳥はほとんどいない。ミズナギドリはまた今度。波崎の砂浜には多くのカモメ類が休んでおり、中には足の黄色いホイ系がいました。ミユビシギの冬羽も少し。

漁港に戻りシロエリオオハムを捜すとかなり遠い所に浮かんでいるので証拠写真だけでも

Siroerioohamu1

これでは分からないね~~!!

すると突然目の前に現れた鳥が、、、

Akaerikaituburi1

夏羽に換羽が始まったアカエリカイツブリでした!!

波崎を離れ、利根川沿いを車で少し走り波消し堤防の上に休んでいるカモメたちを観察。

セグロカモメ、オオセグロカモメ、ユリカモメ、カモメ、ウミネコ、ワシカモメ、ウミウ、カワウなどが見れました。カナダは見つけることが出来なかったけど、ここにいたようです。

Kamome1

カモメの成鳥夏羽に換羽中の冬羽個体でしょうか?

Umineko1

ウミネコ成鳥夏羽でしょうか?換羽は終わっていると思いますよ。

Segurokamome1

セグロカモメの冬羽でしょうね?こいつが何度もカナダに見えてしまうんです、カナダカモメ分からない病です、私。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月30日 (日)

波崎、銚子などなど

と言いたいところだが、眠いので明日書きます!

Akaerikaituburi1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

苫小牧航路

船酔いの心配がありましたが、噂通りまったく揺れない航路でした。ビックリするような豪華な船内設備!海鳥はまったく分かりません~~!!と一緒に行ってくれた大ちゃんに泣きつき教えてもらいながら、ありがとう大先生!!

船は少し遅れて1900pm出発で朝起きたら、もう6時。外に行くと鳥は出ているようで、少しアメが振りながらも苫小牧までゆっくりと鳥を見る。俺は集中力が続かず、何度も部屋に戻ったり、食べ物を食べたり、寝に行ったりと、ダメダメである。

Etorofu1

エトロフウミスズメの群れのはず??俺には小さくて茶色い隊列がバラバラな鳥達はエトロフと映った。

Hasibutoumi1_2

ハシブトウミガラスは良く見れたし、近くに浮いていて船が近づくと飛んで行くか潜るとりですね、はい

苫小牧についてウトナイ湖に行き小鳥を少し見る。

Hasibutogara1

ハシブトガラは可愛い!尾羽がボロボロでコガラと間違えてしまった個体もいました。

Oowasi1

鵡川に移動して、猛禽類を捜し、ケアシノスリを見るはずが外れ。エゾジカはたくさんいたけど、、、、オオワシを見れたのはラッキー、ウトナイではオジロワシも見れました。

回転寿司で北海道を満喫して、フェリー乗り場で長い時間をすごし、2Amの船に乗り込むが10時半pmには乗り込め、風呂に入り、ほぼ貸切のカジュアル部屋(4人部屋)で爆睡。

7時ぐらいにおきてのんびりと鳥を見るが行きと同じく集中力はない。

Umisuzume1

ウミスズメの群れが船の近くを飛び、カメラのせいにしながら写真を撮る。

Umisuzume2

天気が小雨で、暗いのでもし晴れていたらもう少しいい写真が撮れたかと思う。

Umisuzume3

たまに足元から潜らずに逃げていく不器用な奴もいる!!

Mituyubikamome1

ミツユビカモメは可愛い!!

Ooseguro1

オオセグロカモメは船に休みに何度も来た。

その後、疲れが出てきて部屋に戻り寝る。その間にクロアシアホウドリやトウゾクカモメ、アビ類が出たそうな!やはりやる気が違うと鳥も答えてくれるのね!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年3月26日 (水)

苫小牧航路

今日の夕方便の苫小牧航路に乗り、苫小牧周辺で少し鳥を見て、あちらの深夜便で帰ってくるコースです。

考えただけでも少し胸がむかむか。船酔いの専門家としては天候も荒れるかもしれないとのニュースに心配です。

海鳥は分からないし、北海道の小鳥を少し見れれば後は死んでいよう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

定例高尾山探鳥会

久しぶりの高尾山、去年末いらいかな?今回はヤンタン探鳥会を来月に控え、普段平地の海にしか行かない人が来ていました!!

夏鳥は少し早いので、冬鳥が繁殖地へ出発する前にどれだけ囀ってくれるかな~と期待しての出発でした。でも直ぐに動かない!!案内川周辺でかなりの時間をとられる。セグロセキレイの囀りとディスプレー、ハクセキレイとキセキレイの時鳴きと時間をかける。ノスリも近くに止まっており、みんなで観察。若いオスの個体と思ったけど、ノスリ君もう少し勉強します、、、

博物館跡でアカガエルの卵塊。後の蛇滝コースでも撮れると考えて写真を撮らなかったけど、こっちのほうが良く分かる写真が撮れたかな、、、、

イワツバメはここら辺りまでは良く高目を飛んでいるのが見れた。1号路に入ってからは鳥の声はヒガラとヤマガラぐらいでまだ早い。

ポツポツと山野草を見ながら昼飯、鳥合わせ、解散。

有志のみんなで蛇滝コースに行く。この季節の定番である山野草を見るため。

Nirinnsou

まずは俺でもわかるニリンソウ。高尾山の定番!

Aoisumire

次はアオイスミレ。太陽の光で随分と色あせていた状態だったようですが、間違いないとか。スミレは分からん!!

Hananekonomesou

これはハナネコノメソウ。綺麗な状態で開花前なのでしょうか、白い花びらがまだ開いていませんし、赤いオシベの上に乗っている物体!!もまだ付いていました。

Kikuzakiichige

いつも見ていてるそうですが、初めて気付いたような気がします。キクザキイチゲ。アズマイチゲにそっくりだけど、キクの名前のように葉っぱに切れ込みがはいるそうです。

Cyarumerasou

チャルメルソウ。ユキノシタ科の植物で、ラーメンのチャルメルからの名前だとか。

その後高尾駅まで歩き、八王子に行き軽く飲み、家に帰り夕飯を食べ、自転車で友達の家に飲みに行き、ひざが痛くて痛くてしょうがなくなったデブの膝でした、、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月23日 (日)

カメラの色って

いきなり更新ラッシュと決めて、今更新しています!!特に書くことは無いのですが、チョウゲンボウの写真です。

Cyougenn1

Cyougenn2

ほぼ同じアングルの数秒違いの写真なのに色にこんなに差が出ました。カメラの露出が変わったのか上の写真は少し色飛びだけど全体が明るくきれい?に見えてしまう。下の写真は暗く感じるが本当に見えていた色に近いのでは?

Cyougenn3

同じ時間の写真をトリミングするとピントがまだ甘い!!この日の暗さではしょうがないかな?

ちなみにこいつはメスの成鳥。旦那は、、、、

Cyougenn4

肩身の狭い、端っこにいました!遠すぎてピンボケです。

キジは目の前を突っ走って行きましたが、、、、何をしに出てきたんだか?

Kiji1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仙川

先週の土曜日に仙川に1時間だけアメリカヒドリを捜しに行ったのですが、見つけることは出来たけど、写真が余り良くなかったので、今日もう一度捜しに行きました。ヨシガモはすでに抜けたと思っていたのに一週間ぶりに戻ってきてくれたみたいです。

Amehi1

この川に来ているほかのヒドリとは違って人が好きではない様で、人影を見ると川の反対側に行ってしまいます。

Amehi2

ノーマルのヒドリガモのメスとつがいになったようです。

とここまでが先週の写真です。

Amehi3

おでこの白い部分が飛んでしまったい、ピンもやや甘いが俺にはOK!

Amehi4

水草まいう~~!!先週は流れてきていた梅の花びらを食べていましたが、今回は近くでオナガガモが引っこ抜いた水草を食べてました。

Amehi5

川の横の散策道から写真をするのですが、水面から2~3mぐらい上にあるので角度がきつくアングルも限られてきます。

この川は三面がコンクリの都市河川で、この辺りが中流であり、堆積物の土砂が中州を作ったりしています。そこに草が生え、人が捨てた水草や植木が生えていたりします。中州はカモメ絶好の寝床だし、三面コンクリが人のアクセスを制限するので、自然のままの本流の野川よりカモは多いみたいです。因みに野川は多摩川の支流で、更に仙川が野川に注ぐ川です。仙川、野川、多摩川の湧き出し口には子供のころにおしっこマーキング済みです!!

ついでに、アメリカヒドリと一緒にいるメスの写真です。

Hidorigamo1

俺にはノーマルのヒドリガモにしか見えません。間違ってはいないと思うけど、こいつに聞かないと分かりません!話せたら多分こう言うでしょう

俺「あなたはアメヒですか?」

ヒドリ「は?なにそれ?そんなもの無いよ!私の彼は日本に帰化したアメリカ人でんがな!」

生まれた子供はハーフですな!鳥屋さんは直ぐにかっこつけてハイブリットなんていいますが、ハーフですのほうがこの鳥達にはいいような。滝川クリステルはハイブリットではないもんね!

Hidorigamo2

お腹が濡れた時のうちの猫の毛のようにボサボサですよ!少しむっとしてこちらを見ていますな!

ヨシガモもほとんど同じ場所にいましたが、こいつはヒドリガモのメス達にアピールしていたが、嫌われて突っつかれていました。みんなでエサを一緒にとっていたのに頭を上げると周りには誰もいないことが、、、、

Yosi1

同じ場所にいたのにヨシガモとアメリカヒドリ、それにヒドリガモ一緒のショットはこの一枚だけ。それもデジスコ用のコンデジなので遠くからです。

3shots

天気も良かったので後はゆっくりと自転車でツーリングをしました。来週は花見で近所の野川が バーベキューの臭いと煙、更にゴミで汚れるのか、、、、、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

芽吹き

3月に入りいっきにブルーベリーの芽吹きが始まりました。

撮影したのは3月18日です。

1番芽が成長しているのはO'Nealです。サザンハイブッシュ系のBBで、うちにある品種の中では1番最初に花が咲く品種です。

Oneal03

もうすでに花芽が大きくなり開花近いです。花に赤みがあるのがサザンハイブッシュの特徴とか、覚えていても損は無し!

次はDelightの花芽です。随分大きくなってきましたが、まだ1月は満開にかかりそうです。

Delight03

赤い冬の間花芽を守っていた殻が落ちてから花が成長します。この品種がラビットアイ品種の中では1番俺にはおいしく感じます。ヒヨドリは食べるのに少し苦労するが丸呑みできてしまう大きさです。

次はDukeです。ノーザンハイブッシュの品種で夏の暑さに気を付けなくてはいけません!!

Duke03

開花は遅いのですが、花をつけてから早くBBの中でもかなり早く収穫が出来る品種です。実も大きく食べ応えのあるし、生産量も高い。まだ苗自体は小さいので花芽の選定は必要だと思います。

最後に2月に休眠挿しをしたBrightwellです。

Brightwell03

全ての枝に小さな新芽が出てきました。写真では分からないですが、太い枝にも本当に小さい芽が出てきています。挿した鉢は全部で3鉢ありますが、全部の鉢で今のところ良好な状態です。

今年はミツバチがたくさん来てくれると受粉作業が減り嬉しいのですが、鉢が好きな黄色いカモミールや水仙などおびき寄せる予定です。一度蜜探索ルートになると良く来るらしいのでなるべく花の咲いている家にしなければ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月18日 (火)

噂のカモメ

今日の朝、電話がなる。Sさんからだ!と言うことは情報の電話だ!!慌てて出ると、ある場所に姫カモメが昨日いたと言う話。それならば用事を済ませて直ぐにでも出発だ

行く途中の電車内で更にGさんより今朝は出ていないとの情報、、、、なに??!!自宅から1時間半もかけて電車とバスを乗り継いで現地に到着すると、良く見る珍鳥ハンター達がのんびりモードに入っており、話しかけると朝から一度も出ていないとか、、、、、

とりあえず、砂浜に来ている鳥をチェックしシギチなどを確認する。スズガモやカンムリカイツブリの数は随分と減っています。ウミアイサ、ハジロカイツブリ、ヒドリガモ等も減っていますね。防波堤の方角に行くとボルネオ帰りのダイモデ大ちゃんが来ていました。寒い、寒いと熱帯帰りは情報を聞き帰国直でがんばって来ていました。

大ちゃんとKogeraさん、知らない若者の4人で色々と鳥を探し、ヨーロッパトウネン、ビロードキンクロ、ホオジロガモを見つけました。俺は見つけてもらったけどね!コオリガモのメスもいたとか。

Yoronenn1

足が細くて長いとか、初列風切が尾羽よりながいとか、軸班が太いなど、見分けポイントはあるみたいだが、1羽だけだと怖い。

Yoronenn2

姿勢も採餌中は前傾だと思うけど、やはりトウネンが一緒にいてくれて比較できるとうれしいんだが、、、

その後、カメラマンに動きがあったので急いで行くと有名なカモメウォッチャーのU氏がカナダカモメを見つけたとか。聞いたときにはすでに飛んで行ってしまいました。

オオソリハシシギが数羽いましたし、ミヤコドリも3時過ぎてから帰ってきてくれました。

Miyako1

手前の潮干狩りの区画用のミドリの網が邪魔なんだよな~~!!

4時まで粘りましたが、忍耐力切れで帰宅でした。

Hamasigi1

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年3月17日 (月)

ラッキー!!

週末の予定が予想外の方向に行きましたが、ラッキーな鳥が見れました。

本命の写真はまったく撮れず見るだけですが、見れただけでもいい!!

俺はホオジロを堪能

Oojiro1

枝の影が体を隠す、、、、

Hoojiro2

手前の枝が体に被る、、、、

Oojiro3

風で羽がモフモフ!!

他にも

Kayakuguri1

Iwahibari2

などがいました。

場所は絶対に秘密です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月13日 (木)

オジロビタキ

Part II です。オジロビタキを見に移動して、場所は聞いていたので直ぐに分かりましたが、カメラマンは30人ぐらいでしょうか。

梅の木に良く止まりカメラマンは梅の花と共にバシバシ!!今後のクイズ用に頭が隠れているショットを狙う、と言うか後で思いつく。

Ojiro1_2

その後比較的明けたところに出てきてくれじっとこちらを見つめるその視線に萌!!

Ojiro2

かなりジットしているので更にシャッターを切る。オッ、頬に色が少し入ってきてる

Ojiro3

まだ動かないので詳細な写真を撮ろうと思ってズームイン

Ojiro4_2

もしかしたら、第一回冬羽から第一回夏羽へ換羽中なのかな?ノドのところが少しオレンジがm見え始めている。オスかな?

Ojiro5_2

でもどうだろう?オジロのメスか第一回目かを見分けるのは俺には分かりません。予想ではオスの第一回冬羽から夏への換羽中初期と見ます。

皆さんの意見を募集です!! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アオシギ公園

ここ数年アオシギが出るようになって有名な公園へ行ってきました。前はヤマシギで有名でしたが、今は運のいい人は両方が見れる公園になりました。どこかは言わなくても分かりますよね??

まずはタシギがお出迎え。

Tasigi01

更にウグイスが近くで囀り捜すと目の前にいた!!ジッとしているので、カメラの準備をしていると、藪の中に潜られ、次に出てきたときには枝かぶり

Uguisu1

アオシギが出てくるのを待っている間に、シメが近く

Sime2

ツグミも近くに下りてきてアオシギのエサになるはずのミミズ君をニュルッと食べてしまいました。

Tugumi1

良く見るとミミズが下のように見えて面白い写真です。ピン甘だけど、、、

その後モズが出てきたりアオゲラが近くの木に着たりするが目的のアオシギとヤマシギはダメでした。

Mozu

ここから移動してオジロビタキを見に行く。Part IIへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春か?春だな!

今週の日曜日3月9日は行徳の探鳥会をサボって近場のマイフィールドを見回りに行きました。ここしばらく行っていないので、さすがに見ておかないとダメでしょうと思いね!!すっかり忘れていたが、この日は多磨霊園でも探鳥会があり、ばったり団体さんに出くわす!すみませ~~ん。

その前に野川を走り、カモ類をチェック。上流部はカモ達が減っている様子です。カワセミがあちこちで忙しそうに行ったり来たり、縄張りを作るのにほかのカワセミを追い払うのに忙しいんでしょう。セキレイ三色も囀り、春です。

野川公園のシメの中にイカル1羽だけ混じる。先週まではコイカルも混じったそうな。聞いたときに直ぐに行けば見れるのに、行かないから、、、

移動中にオオタカのペアを見る。また近所で繁殖して、家の近くのドバトを減らしてくれないかな、と思いながら武蔵野公園へ。こちらはすっかり春の感じ。梅が咲き、早い桜も咲き、万作も満開。よく分からない花も咲き乱れている。

Mansaku

因みにデジスコ写真です!後ろの万作も入れて無限地獄風にしようと思ったが、深度が浅く手前だけピンが合い、後ろはこのようになるのがデジスコでしょうね。

多磨霊園で自分だけのイカルポイントを回るが、イカルはいるがコイカルはいない。5区、浅間山と探鳥会にぶち当たり、そちらに場所を譲って、小鳥は見逃すが、コゲラやアオゲラの古巣にシジュウカラが出入りするのを見て、心がウキウキする。

その後野川公園に戻り、去年もこの時期に見たミソサザイを探しに行くが山野草撮影の人手にあきらめる。シメだけは俺を相手にポーズをとってくれる。Thanks。 どうせ、水浴びに来たところで、水場になっているはけ口の水溜りに俺がいただけさ!

Sime1

その後は気温も高いので、新しい野菜の植え付けのために作業!

探鳥は2時間だけでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 2日 (日)

定例多摩川探鳥会

久しぶりに定例では今年初めて探鳥会に出れました。

今年は多摩川には沢山(と言っても十数羽)のカモが来ていて、ヨシガモなども見れていましたが、今日は残念ながら例年のカモの余りいない川になってしまいましたが、春の陽気に気持ちよく少しデブ汁を出しながらの探鳥でした。

いつものように遅刻で参加!!集合場所でキセキレイやハクセキレイ。丁度ユスリカの羽化が始まりそれを食べに集まったのでしょうかね!

しばらくすると真上にチョウゲンボウのオスが飛んできてじっくりと見る、こういう時にカメラがない!!

その後まだ見ていない種を主に探しながら、交通公園まで行き、いつものオオタカを見て解散。カワセミがもう繁殖のために巣穴を掘っているのか1羽しか見れませんでした。

Ootaka1

解散後有志で近くの公園へ餌付けされている鳥達を見に行く。やはり解散後は鳥が出ると言うミステリーを今日も証明し、ミコアイサを見る。

Miko1_2

公園へ着くと直ぐにルリビタキクロジ、更に外来種のソウシチョウが出現。ヤマガラ、カシラダカなども姿を現してくれる。

Ruribitaki1

デジスコのW200の銚子がいまいちなので露出が少し暴れ気味

Ruribitaki2

これなんか白飛びの上に瑠璃色はど派手に出てしまいました。

Kuroji1_2

これも色が少し濃く赤っぽく出てしまいましたか?

Kuroji2

実際の目で見るとクロジは上の写真的に見え、双眼鏡などで近くに見ると下の写真のように見えると思います、才知でも俺の目にはそう見えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カワウの足輪、見っけ!!

体調もいまいちなので、風をやっつけるために自転車で近場の野川と仙川を探鳥です。

野川のカモ達は随分減っているかな?と思ったら土曜日で人が沢山水際まで降りてきているので避難避難!!人のいないところに沢山まだいました。オナガガモは愛想良く人にエサをもらっていましたけど。カモ達はペアリングが進んでいるようで、求愛行動も見れました。

ツグミは少し減ったかな?

途中で、カワウに足輪がついている個体を発見!!デジスコデジスコ!!

Kawau1

4C2だね、まだ若い個体みたいなので、Ranger君が付けた個体だったりして。

これが全体像 

Kawau2

その後仙川まで走り、ヒドリガモの観察。

Hidorigamo2

Hidorigamo3

色の違いは年齢だっけ?個体差だっけ?

その後仙川を上流へ登っていくとこちらには随分とカモがいる。仙川は全域護岸で深く掘られていて人が降りれないようになっているのでこちらはカモが安心できるのでしょうか!

しばらくするとまたカワウに足輪がついている!!

Kawau3

こっちはY64ですな!年齢は2年目でしょうか?少し繁殖羽が出ているけど、まだ背中は茶色

その後、例のヨシガモをまた見つけデジスコで遊ぶ!!

Yosigamo01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »