« 苫小牧航路 | トップページ | 波崎、銚子などなど »

2008年3月30日 (日)

苫小牧航路

船酔いの心配がありましたが、噂通りまったく揺れない航路でした。ビックリするような豪華な船内設備!海鳥はまったく分かりません~~!!と一緒に行ってくれた大ちゃんに泣きつき教えてもらいながら、ありがとう大先生!!

船は少し遅れて1900pm出発で朝起きたら、もう6時。外に行くと鳥は出ているようで、少しアメが振りながらも苫小牧までゆっくりと鳥を見る。俺は集中力が続かず、何度も部屋に戻ったり、食べ物を食べたり、寝に行ったりと、ダメダメである。

Etorofu1

エトロフウミスズメの群れのはず??俺には小さくて茶色い隊列がバラバラな鳥達はエトロフと映った。

Hasibutoumi1_2

ハシブトウミガラスは良く見れたし、近くに浮いていて船が近づくと飛んで行くか潜るとりですね、はい

苫小牧についてウトナイ湖に行き小鳥を少し見る。

Hasibutogara1

ハシブトガラは可愛い!尾羽がボロボロでコガラと間違えてしまった個体もいました。

Oowasi1

鵡川に移動して、猛禽類を捜し、ケアシノスリを見るはずが外れ。エゾジカはたくさんいたけど、、、、オオワシを見れたのはラッキー、ウトナイではオジロワシも見れました。

回転寿司で北海道を満喫して、フェリー乗り場で長い時間をすごし、2Amの船に乗り込むが10時半pmには乗り込め、風呂に入り、ほぼ貸切のカジュアル部屋(4人部屋)で爆睡。

7時ぐらいにおきてのんびりと鳥を見るが行きと同じく集中力はない。

Umisuzume1

ウミスズメの群れが船の近くを飛び、カメラのせいにしながら写真を撮る。

Umisuzume2

天気が小雨で、暗いのでもし晴れていたらもう少しいい写真が撮れたかと思う。

Umisuzume3

たまに足元から潜らずに逃げていく不器用な奴もいる!!

Mituyubikamome1

ミツユビカモメは可愛い!!

Ooseguro1

オオセグロカモメは船に休みに何度も来た。

その後、疲れが出てきて部屋に戻り寝る。その間にクロアシアホウドリやトウゾクカモメ、アビ類が出たそうな!やはりやる気が違うと鳥も答えてくれるのね!

|

« 苫小牧航路 | トップページ | 波崎、銚子などなど »

探鳥」カテゴリの記事

コメント

1日ずれてhiromiくんが大ちゃんと苫小牧航路に乗っていると、N田君から聞いていました。
船酔い大丈夫かな?でもどうせビールでも飲んだくれてるんだろうな、と思っていましたよ。私たちは苫小牧一泊だったので、けっこう楽しめました。
お花見には来るんでしょ。

投稿: 鈴木裕子 | 2008年4月 1日 (火) 14時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515551/11954638

この記事へのトラックバック一覧です: 苫小牧航路:

« 苫小牧航路 | トップページ | 波崎、銚子などなど »