« 波崎(03-30-2008) | トップページ | 銚子後の探鳥 »

2008年4月 1日 (火)

銚子

波崎から続いて銚子漁港です。

前日に聞いた情報によりウミバトが出ているので、みんなの意見により最初にその場所に向かう。Sさんがすでに見ていると電話があり、本人を直ぐに見つける!!話を聞くと少し先にいるとのこと。行ってみるとカメラマンが リラックスモード、でもみんなそこにいるよと教えてくれる。なんと足元にいるではないか!!護岸された足元にくっついているカニや小魚を捕っているようで、めったに人に会わない鳥だから人を怖がらずにエサを食べているみたいですね。少し弱っているのかもと心配ですが、見たところ大丈夫そうです。

Umibato1

近いのでデジスコは出来ずに、スコープから外してカメラ本体の3倍ズームで撮影。

Umibato2

更に腕を伸ばして、地面にはいつくばって撮るとこんな感じ。だいぶ体が濡れてきて、どこかで体を乾燥させないといけないのではと思っていると、、、

Umibato3

バタバタと羽を羽ばたき水気を飛ばし、体もブルブルと震わせ水を切り、また潜りました。大丈夫そうです!!

その後カナダカモメを探すが見つからず、その代わりにシロカモメが沢山いた!!

Sirokamome2

シロカモメ第1回冬羽でしょう。

Sirokamome3

これも第1回でしょうね、顔だけではこいつは分からないって?

Sirokamome4

全体が「冬後期には全身がかなり白くなる個体が多い」と氏原さんのカモメ識別ハンドブックに書いてある通り白くなってきた固体だと思います。もう少し白いのがいましたがこの辺りの時期が1番シロカモメって感じですよね!!

Sirokamome5_2

更に成鳥もいました。少し顔が黒いかなと思ったけど、成鳥冬羽で良いと思う。

Sirokamome6

丁度乗っていた車止めから降りて羽を伸ばしたところ。初列風切のP9が換羽中でしょうかね?まだ伸びきていないみたいだけど、カモメの換羽の時期はいつだったかな??覚えていないや!

ウミバト見ているときにウミバト発見に多大に貢献したミツユビカモメの成鳥夏羽が水面で休んでいました。

Mituyubikamome1

更にデジスコでウミバトを狙い捜していたときにいたハジロカイツブリの夏羽への換羽中の個体もゲット

Hajirokaituburi1

この後みんなでお昼を食べ、クロワカモメとカナダカモメを探す予定だったけど、雨が強くなり移動する事にし、ケアシノスリを捜しに行く事に

|

« 波崎(03-30-2008) | トップページ | 銚子後の探鳥 »

探鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515551/12069377

この記事へのトラックバック一覧です: 銚子:

« 波崎(03-30-2008) | トップページ | 銚子後の探鳥 »