« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月30日 (金)

朝霧高原(2008/05/24)

朝起きて、前日の天気予報と違って、綺麗に晴れている。それならば予定通りアカモズを捜しに朝霧へ。N大明神は捨て置き、一人で寝不足の中運転開始!何故か親を駅まで送り、高速に乗り河口湖ICを10時に降り、11時前には朝霧高原でアカモズを捜していました。

1時間に一回ぐらい雨が振りましたが3時ぐらいまでもってくれ、何とか鳥見は出来ましたが、鳥自体はぜんぜん見れませんでした。霧と人人人のせいでしょうか?!

カッコウとホトトギスが良く鳴いており、奴らをデジスコで食べてやろうと思ったが、いい場所に止まってくれず、三脚も昔の低いのを使ったので失敗に次ぐ失敗。写真はなし!

アカモズは結局見つけることが出来ずにモズばっかり見つけた。俗に言う高原モズはそれでも綺麗で好きです、ワタクシ!!

Mozu1

全体的に茶色が薄く灰色が目立つのが高原モズと言われている個体群です。

Mozu2

二回目の繁殖なのかあっちこっちで雛のエサをねだる声が聞こえました。

Mozu3

繁殖の邪魔にならないようにしながら写真は撮っています。あっちから近づいてきたからの写真ですから、あしからず!!

Uguisu1

ウグイスはホトトギスにビクビクしているのでしょうか?せっかく生んだ卵を乗っ取られ、何が悲しいかホトトギスを育てるんだから。ホトトギスは自分がウグイスと思っているのでは?刷り込みで!

カッコウなどはガビチョウあたりに将来托卵するんでしょうな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月28日 (水)

イヤ−リスト

今,少しぼけ〜と考える時間があったので,今年のイヤ−リストを考えていました。

どうせなら,数も数えてしまえばいいさ〜!と数えてみると213種類でした。

以外と少ない!今年の密度から言えばかなり少ないと思います。

春の渡りの時に小鳥類をほとんどチェック出来なかったのが響いていますね!

今の所,初見の鳥はいませんでしたが,航路に乗って海鳥を見るに当たってはほとんど初めてのようなもの!少しずつ船に乗れるようになってきましたよ,薬と共に!

これから富士山周辺,夏の水田,秋の渡り,冬鳥と稼ぐ場所はまだありますから!海外はまだ分からないけど,どこかしら行きます!!

| | コメント (0)

2008年5月23日 (金)

コチドリ

コチドリのダンスです。一応ディスプレーなのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雛が育ってますね~

忙しくて更新できてません。個人的な鳥見も行けてません。明日も富士山周辺に行こうと思ったけど、雨だって!

Ooyosikiri1

オオヨシキリが鳴いています。夏ですね~、デブ汁が出まくりますよ!

Suzume1

うふ、今年生まれなの!と斜め45度の角度でこっちを見ています。滝川スズメクリステルです。

Suzume2

と、思いきやママにエサくれでした!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 6日 (火)

リベンジ in 霊園

前日のコルリを外したので、今日は何か出てくれるだろうと思い、茨城のシギチに後ろ髪を引かれながらも、暴走自転車族は霊園に向かう。

あれ??何も鳴いていない!!風が結構あり、熊笹がざわめく、やっとシジュウカラが出てきてくれるが、それ以外はオオスズメバチだけ。

人が集まり始めて、やっと昨日のクロジ軍団が出てきたけど、餌付いている彼らはのんきなもので、人が行って欲しいような枝に止まり、動きを止める。そうすればミールワームを貰えると分かっているのかな?

Kuroji1_3

いい加減、何も出てこないのでみんなでしゃべりモード。5区に移動してキビタキでも撮るかと移動。

朝チラッと覗いた時は数羽が鳴きあっていたけど、9時に移動してみると1羽だけになっていた。

Kibitaki1

第1回夏羽かな?プピィープピィープピィーとコジュケイのような声で鳴いていました。

Kibitaki2

まだ餌付いていないらしいがかなり愛想の良い個体で、盛んに人の近くに飛んで来ていました。

足元のクヌギやコナラに付いている青虫をおいしそうに食べていました。

その後午前中で切り上げ、家の周りをチェックし、キビタキとヤブサメを確認。

最後に家の裏のサギコロニーのカウント。

Kosagi1

今年は西側に新築が出来たので随分と東側の森にまでコロニーが食い込んでいます。全体の数がこれでは取れません。まぁ、例年より少し少ないぐらいです。

明日より更新が止まります。仕事で家にいま千円!!

| | コメント (0)

うんんん霊園

  いつもの霊園に久しぶりに行ってきましたが、今日は春の渡りなので一応霊園の名前は控えときます。色々あるらしいから。

人がさすがに多くて近くの公園はバーベキューの臭いしかしないぐらい盛り上がっていましたが、鳥のさえずりが聞こえましぇん!!センダイムシクイが朝は鳴いていたとか

小山に入るまで鳥らしい鳥はいませんでした。オナガがカラスと喧嘩していたぐらいですが、なにやら食べ物の争いみたいでした。

小山では水場にキビタキなどが水浴びに来ていないかと思いましたが、遠くで囀っているだけで、スズメがエサ台に来るばかり。早朝にはコ○リが着ていたらしいのですが、囀りでも聞ければと思いましたが10時ぐらいで声さえも聞けなくなったと、、、

その後シメが来てくれて、写真を撮るが天気は雨前の曇り、森の中、、、ブレブレよ!!

Sime1

1番明るいところに出てきたキジバトを参考までに撮ると

Kijibato1

最後に真っ暗だけどクロジが来ているからと場所を教えてもらうと、直ぐに出てきた!!黒いのが3っつも!!メスもいるらしいけど、見れんかったわ。

Kuroji1_2

ISOをアゲアゲしました。画像が荒れましたが、ブログ用には使えますね。

明日でGWも終わり、明日は朝早くに自転車でさえずりを聞きに行きます。

| | コメント (0)

2008年5月 5日 (月)

春のシギチツアー

恒例のシギチツアーに行ってきました。気の合う仲間との車で茨城県の利根川水系周辺の水田に入る淡水性シギチを楽しく見ようと言うものです。

生憎の雨、行きたい場所に行くにつれ雨は強くなる。いつものオオセッカ、コジュリンを捜す場所までにシギチを余り見れず、それならば笹川を廻り、銚子まで足を伸ばし、昼飯をいつもの場所で食べる予定に変更。アメは相変わらず弱くなったり強くなったり。

笹川でシギチを少し見れるが、まだ腹ペコだ!波崎漁港でなんとカモメ類をチェックできるとは!!シロカモメ、ワシカモメなどの大型カモメがまだいたよ!いつもの飯屋は満員なので、波崎の街道を流し適当な店へ。

戻りながら、例年実績のあるポイントを巡るがやはり個体数が少ない。更にいるのはムナグロとキョウジョシギにハマシギ少々。トウネンが1羽とかの世界。全体にヤバイ空気が流れる。

浮島周辺でツバメチドリを探すが見つからず、ムナグロ、タシギ、キョウジョシギの群れが沢山見られた。

その後蓮田でツルシギ5羽を見つけ盛り上がる。

Turusigi1

まずは冬羽から後ろの換羽後期個体。

Turusigi2

真っ黒な夏羽個体。素敵だ~~!!

Turusigi3

手前の夏羽君とほとんど夏羽。

レンコン街道を走ると、コアオアシシギを見つける。

Koaoasisigi1

これで良いんだよね?何故か個人的に混乱中。一緒にいたタカブシギたちも似ていたな~~

川を挟んで反対側に行くとかなりいい感じ!!

アオアシシギ、キョウジョ、ハマシギ、ムナグロ、チュウシャクなどを見ていると、、、

ウズラシギがどことなく出てきたり、綺麗なトウネンが寝ていたりと面白い!!

Tounen1

ここを見終わった後、なんとヒシクイが上空を飛んでいるではないか!!

1羽でどこかに降りる場所を探しているようでしたが、霞ヶ浦方向へ。

西の州を軽く廻り、いつもの土産屋でマッシュルームを買って、貴州菜園でシメ!!

いいシギチツアーでした。これだからこのツアーは楽しい!!

運転してくれた両S氏に何時もながら感謝。

  1. カイツブリ
  2. アカエリカイツブリ
  3. カワウ
  4. ウミウ
  5. ヒメウ
  6. ダイサギ
  7. チュウサギ
  8. コサギ
  9. アオサギ
  10. ヒシクイ
  11. マガモ
  12. カルガモ
  13. コガモ
  14. ハシビロガモ
  15. スズガモ
  16. クロガモ
  17. トビ
  18. オオタカ
  19. チュウヒ
  20. チョウゲンボウ
  21. キジ
  22. バン
  23. オオバン
  24. コチドリ
  25. ムナグロ
  26. キョウジョシギ
  27. トウネン
  28. ウズラシギ
  29. ハマシギ
  30. ツルシギ
  31. コアオアシシギ
  32. アオアシシギ
  33. クサシギ
  34. タカブシギ
  35. キアシシギ
  36. イソシギ
  37. オオソリハシシギ
  38. チュウシャクシギ
  39. タシギ
  40. セイタカシギ
  41. セグロカモメ
  42. オオセグロカモメ
  43. ワシカモメ
  44. シロカモメ
  45. カモメ
  46. ウミネコ
  47. コアジサシ
  48. キジバト
  49. カワセミ
  50. ヒバリ
  51. ツバメ
  52. イワツバメ
  53. ハクセキレイ
  54. セグロセキレイ
  55. ヒヨドリ
  56. モズ
  57. ツグミ
  58. ウグイス
  59. オオセッカ
  60. オオヨシキリ
  61. セッカ
  62. ホオジロ
  63. コジュリン
  64. スズメ
  65. ムクドリ
  66. ハシボソガラス
  67. ハシブトガラス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »