« 北海道探鳥:旭岳初日 | トップページ | 北海道:3日目 サロベツ原生花園 »

2008年6月26日 (木)

北海道:2日目 旭岳

狭い車の中、何度も起き、ベストなポジションを捜すが、寝るには狭すぎた、体が痛い!!早速飲もうと思った牛乳は変わり果てた姿に、、、、

気を取り直し、天気は曇り、少し晴れ間もあるかな?ぐらい。さぁ、旭岳の上部はどんな感じ?姿見の池がある場所が1600mあり、山の天気は多分霧でしょうと思っていくと、その通り!!昨日よりは雨がない分まし。

と、その前に駐車場でとったベニマシコ。夏羽で綺麗なのですが、日出直前でブレブレ、ISO200で撮ってこれです。

Benimasiko1

で、山の上は霧が強く、何も見えない。カメラマンも含めて5~6人ぐらいでしょうか、。第3展望台で気長に待つ。

突然、ノゴマが出たりするが、よく見えない。

Nogoma2

更に、突然10mぐらいの距離にオスのギンザンが1秒間出て見たりするが、双眼鏡でないとなんだか分からない状態。俺はノゴマと決め付け見ませんでした!!

その後、8時ぐらいから霧が晴れたり、また出たりと、少し期待を持たせてくれます。

Daisann

前日の東京支部のグループが見たら起こりそうなぐらい、視界が開けたりし始めました。

そこにあいつらがやってきた!!団体旅行者!何を見てるんですか??攻撃が始まり、横の大阪のおっちゃんカメラマンが捕まる。

N大明神がメスのギンザンを見つけ、我々も戦闘体勢に入る!視界もかなりよく、遠くまで見渡せる。こんな感じであそこが見えていたんだ~~!!と第4展望台や姿見の池の方向を見る。

Ginzan1

よし、ギンザンマシコ発見!!遠いからしょうがないけど、直ぐにはどこにいるか分からない!!メスを見つけるが、その横にオスもいた、あれメスもほかにもいた!!混乱した~~!!

Ginzan2

なるほど、あの赤い体もハイマツの中にいると保護色なのだな!メスもそうだね。単体で見ると派手だけどね。

Ginzan3

メスは何羽も見れたし、オス同士縄張り争うなのか、メスと巣を守っているのか追っかけ合っていました。丁度9時を廻っての劇的な変化でした。10時にはお腹いっぱい。

ノゴマが近くに出てどうにか後ろの雪渓を上手く写真に入れられないかと考え縦構図

Nogoma3

風景の写真を撮ると、

Daiyon

第4展望台が右に見え、その上に火山のガス噴出口が見えます。あそこの近くまで前日歩いたのにまったく噴出口があるなんて知らなかった!!

その後、10時半に満足して戻る途中にノゴマが近くに出ました。前日の個体と同じ場所だった!!

Nogoma4

綺麗な個体でした。

さらにロープウェイ駅前で、なんとこいつが!!

Ginzan4

ヤバイ、近すぎて飛ばれないかとビビリ、ぶれる!!ピンとも合わせる前にシャッターを押している!!

Ginzan5

背中が綺麗ですな~~!嘴も映っている、OK!!

その後、山を降り、早い昼飯のカップラーメンを食べ、サロベツを目指してレンタカーを飛ばしたのでした。

3時ぐらいに初山別の温泉、岬の湯に入り、運転疲れを癒し、ホタテの耳を買い、眠気覚ましに食べる。6時前に豊富駅に着き、素泊まりの宿を決める。

オオジシギがぜんぜん電柱の上に止まっていなかったのと、ノゴマやホオアカがいたる所にいると思っていたが、天気も不安定で鳥が余りいませんでした。

天売島近くの海岸で楽して、ウトウを遠くから見るが、近くに浮いていればさらに楽しめたのですがね!

|

« 北海道探鳥:旭岳初日 | トップページ | 北海道:3日目 サロベツ原生花園 »

探鳥旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北海道探鳥:旭岳初日 | トップページ | 北海道:3日目 サロベツ原生花園 »