« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月31日 (木)

さよなら,さよなら

今日から海外旅行!!アメリカではないよ〜!珍しい貴重なアジサシを見に行きます。写真は撮れないと思うけど,どうなる事やら。

うちの愛猫チビは脂肪肝で死にかけ,看病出来る俺がいない間は入院です。情けない声で最後に鳴いて病院のケ−ジにいれられたけど,これが最後ににならなければいいけどね!!死ぬなら太って死にたいと思う今日このごろです

| | コメント (0)

2008年7月24日 (木)

今日のアオバズク

今日の独眼竜は普段とは違う枝、と言うか違う木。例年だと巣立ち間近か巣立ち後によく止まる場所です。となるとメスとヒナはどこかにいるのかと捜したが、見つからず、巣立ちを控えて場所を移動したのかな?

Aobazuku6

この場所だと午前中は太陽が透けて、写真には難しいかもね。普段よりも少し高い位置にいるし。

| | コメント (0)

2008年7月23日 (水)

アオバズク

昼寝の邪魔をされて、伸びをするアオバズク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またまたまたアオバズク

今日もアオバズクチェック。

誰もいない神社の境内で、ゆっくりと静かに寝ている独眼竜。また来たのという感じでチラッとこちらを見て、また眠る彼。

暫らくして伸びをする。これはビデオで撮影できた。

同じ枝に寝ているのでまた同じようなアングルの写真です。

Aobazukuday22

噂によると今朝早くにメスがいたとか!!明日の朝に要チェックや!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月21日 (月)

Young探鳥会:アオバト大磯

Young探鳥会に行ってきました。アオバトしかいないぞ、それでもいいのか?ならば行こう、デブ汁だして!!

予想以上に暑くなかったぞ!!せっかく準備は完璧だったのに。凍った飲み物がいらなかったね!!サンダルと足の間に厚い砂利が入ってきたのが暑かったね!!

数分遅刻で合流し、駅から海岸まで歩くわけであるが、それが暑くてバテる。海岸の岩礁にアオバトが直ぐに飛んできて、暑いなんてのは感じなくなる。

アオバトはと言うと、少ない。え?俺には十分いたけど、いるときはもっといるし、見るときは別にあっちこっちで見るからね!

空気は湿度の関係でモヤっとしている、なんでも 丹沢方面は切るが深くてアオバトが飛んで来れないそうな。

Aobato1

へへへ、ピンがまったくあっていないさ

Aobato2

大きいのでこれぐらいの群れで飛んで来てくれました。

Aobato3

中々光線のいい方向の岩礁に止まってくれないので、露出をプラス補正。空気のモヤがダメな上にかぶるので、こんな感じ。

11時に取り合わせが始まり、平塚で軽くお昼を食べ1時間半かけて帰宅。電車に乗っているほうが長い探鳥会でした。

帰りにアオバズクのチェックもしてきました。

Aobazuku4

木の下で子供達がボーイスカウトの練習をしていたので、昨日おとといよりも数段高い枝に止まっていました。俺が行ったときはカメラマンはいませんでしたが、明日辺りは繁殖していれば巣立ちが見れると集まってきそうです。

| | コメント (0)

山中湖水場と北富士演習地

2008年7月20日、またまた富士山周辺に行ってしまいました。暑い猛暑の時には涼しい場所に行くだけで環境にやさしいのだ!

オイラは富士山の奥庭で更に涼みたかったけど、山中湖の方面に前回雨で失敗しているので、リベンジ指令が出ましたので、水場へと、GOGO。最大の心配は少し前の雨。これでは水場に来る鳥が少ないのでは?と思ったりしますが、別に沢山見れなくてもそれはそれで楽しめるので良しとします。

まずは水場、朝のうちは曇りだったため、そうでなくても暗いあの水場は暗くシャッタースピードが上がらないブレぶれ写真を量産。暗いところに強いデジスコも鳥の動きにはまったくダメ。どうにか撮った写真が、、、、、

Kibitakiyamanaka1

キビタキのメス。成鳥か若かは俺、分からん!

Kibitakiyamanaka2

これは今年生まれだな!

出てくる鳥がシジュウカラとキビタキのメスタイプばっかでは盛り上がらない。車を降りたときの鳥達の囀りも遠のき、移動して北富士演習地にオオジシギを探しに行く。時期的に諦めるのが正解の時期。ディスプレーはまず見れないだろうと考え、ホオアカやノビタキの撮影、トケン類をどうにか観察したいと考える。

予想通りノビタキとホオアカ中心になる。

Nobifuji1

父です。

Nobifuji2

母です。

Nobifuji3

子じゃい!!

その後、アカハラや自衛隊などを見て、車がホコリまみれになり、逃げるように昼飯を食べに今回はなんとまた吉田うどん!!!やはり、俺はあのうどん嫌い系どす。歯切れが悪いうどんだ

食後また水場に戻り、運転手のプリウスマスターTajiさんはお疲れモードで、地面にへたれ寝る。

それはチャンスの時間です。

鳥の出が急によくなり、クロツグミが飛んだり、キビタキのオスが出たり、ミソサザイが出ました。

Kibitakiyamanaka3

クロツグミはTajiさんが起きると、慌てて飛んで行きました。

Miso1

ナイス、ミソサザイ。何度も停止してシャッターチャンスを演出。やっとミソサザイのまともな写真が撮れた!!

そんな感じで3時ぐらいに暗くなり撮影も出来ないし、鳥のでも悪くなったため、道が込む前に帰路へ。

高速はやはり事故渋滞などで混み、我々が寝ている間も安全運転してくれたTajiさんには感謝!!

| | コメント (0)

2008年7月19日 (土)

アオバズク

今年はダメと思っていた地元のアオバズク、今日オスだけだけど発見しました。

ここ数年毎年来てくれている、片目の悪いオスで、毎年目の状態が悪くなっていますが、今年は更に悪くなっているようです。

Aobazuku1

毎年同じ枝に止まっていますね!!ここからだと樹洞を見渡せる位置ですな!と言うことはメスが中にいるのかな?などと考えさせられます。

Aobazuku2

独眼竜です。昔は白濁だけだったのに今では随分悪くなっています。

Aobazuku3

ほとんど片目は閉じたままですが、明けると人間の目になんとなく見えました。不思議です。

Aobazuku4

去年のノートでは7月22日に巣立ちで、1羽落鳥していますから、もし今年も繁殖しているなら今週の連休中かも!!

| | コメント (0)

2008年7月16日 (水)

爪爪爪

爪爪爪/「F」 Music 爪爪爪/「F」

アーティスト:マキシマム ザ ホルモン
販売元:VAP,INC(VAP)(M)
発売日:2008/07/09
Amazon.co.jpで詳細を確認する

やっと買いに行ったマキシマムザホルモンの新しいCD。これはヤバイ!!すでに何回聞いたのかわからないぐらい聞いてます。

悲しい事に初回限定のステッカーやいい粉が入っているCDはもう売っていなかったけど、曲だけで満足。

爪爪爪は曲の感じがかっこいいし、2曲目は何故かドラゴンボールについての曲。フリーザを連呼する様は圧巻!!最後の3曲目はMixiについての曲。

普通の人にはわからないジャンルの音楽なので、間違ってもこのブログの影響で聞こうとしないように!!確実に頭が痛くなりますので!普通に飽きた人、自分は他人とは違うと思っている人にはお勧め!音楽にていつでも腹ペコのワタクシはマキシの歌でメタボのお腹が今日も膨れています!

暑い日が続き、汗は出るものの体重は減らないHiromiでした。

| | コメント (0)

2008年7月13日 (日)

カラフトアオアシシギのいいビデオ

三番瀬で撮影したカラフトの今度はいい感じで撮れた動画です。しっかりと夏羽にはなっているけど、この季節までいたからには繁殖はしないんでしょうね。悲しいかな、この種は1羽1羽が重要な役目を担っているのですがね、、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奥庭の水場

ハイ、と言うわけで水場の写真いってみよ~~!!

まずはすでに登場しているルリビタキ

Ruribitaki1_2

亜成鳥ですね。もしかしたらまだ繁殖実績がないぐらい。

Higara1

ヒガラ。動きが早くてブレブレの写真の中どうにか一枚。カラ類はデジスコ鳴かせだね!

Kikuitadaki1

キクイタダキ。昨シーズンの冬は沢山平地にも降りてきてくれました。足デカ!!

Kikuitadaki2

頭の菊を見れました!一度も広げてはくれなかったけど、オスとメスの違いを見れるのも水場の醍醐味

Kikuitadaki3_3

キクイタダキという感じの写真かな?普段ジットしない鳥が止まるのが水場ですね!

Uso1

ウソ。露出ミス!水場ではなく山荘のコンクリの地面にくるんだもの!

Uso2

その個体が今度は俺の頭の上に来た!3mもない距離。

Uso3

メスのウソ。入浴順番待ち!

Uso4

入浴順番待ちのオス

Uso5 

あへ~気持ちよか~~!!

Mebosomusikui1

メボソムシクイ。最後に帰る直前にやっと出てくれた。三脚をたたんでいるし、場所も悪いけど撮らなければ!

こんな感じで2時間もあれば2GBぐらいはデジスコでも撮ってしまう、危険な場所です!富士の溶岩帯荷は水がないから晴れが続く季節はすごいらしいね

| | コメント (0)

2008年7月12日 (土)

富士山周辺

はいはい!!暇にやっとなりました!

先々週に富士山周辺の探鳥地に出かけました。ヤンタン有志での探鳥になりました。2日目が天気の優れない予報、ならば出来るだけ初日に廻ろうと企画。

まずはスバルラインを上り樹海台駐車場から3合目辺りまでの旧登山道を歩き、姿は見えなくても囀りだけでも。駐車場でビンズイやルリビタキをまずはゲット。霧が上がってきている感じ

旧登山道ではメボソムシクイやミソサザイがよく囀っていたり、ルリビタキやキビタキも見れました。

Kibitaki1

さらに少し道を外れて歩くと、マミジロの幼鳥!!!素敵~~!でも俺からはちびっとしか見えない、動くと飛ばれてもいやだし、、、、脳みその中で葛藤すること5秒、動いたら更に動かれ自爆!

奥庭の水場に移動してデジスコの威力をみんなに見せ付ける!!距離が決まっていて、余り動かない鳥は簡単にいい写真が取れると偉そうな態度で自慢する!!

Ruribitaki1

ほら、典型的な水場の写真。

Ruribitaki2

で、濡れた入浴後の一枚。

水場の写真は沢山あるのでもう一度記事を新しくして書きます。

奥庭山荘で高い昼飯を食べ、特等席にすわり撮影し、満足満足。お中道には面倒くさく時間が予定よりかかったので、朝霧高原方面へ

事前にアカモズがいる場所をRanger君から聞いており、ナビに入れるだけ。前の高級車にナビは任せ、俺は後ろに付いて行く。道の駅の裏側辺りだったようです。

着くと直ぐに電線に止まり、我々を見ている。降りると警戒声が聞こえ、3羽ぐらいいた!

Akamozu1

面白く尾を振るアカモズ君、我々に警戒しながら自分のテリトリーも守る。大変だな~と思う私。

その後道の駅の道を挟んで反対側のトレイルを歩き、そこでもアカモズを見る。トケン類が前回はあんなにいたのに、まったく見つからなかった。高原モズやアオジは盛んに見られました。

トレイルを更に歩いて、ノビタキ、ホオアカ、コヨシキリなどを遠くででも見られ、ノルマは達成。

ここで暗くなり始め、終了。2日目は雨。ウノをして時間を潰し、吉田うどんを食べ、解散。

確認種:

  1. アオサギ
  2. カルガモ
  3. トビ
  4. キジ
  5. キジバト
  6. カッコウ
  7. ホトトギス
  8. コゲラ
  9. ヒバリ
  10. ツバメ
  11. キセキレイ
  12. ハクセキレイ
  13. ビンズイ
  14. ヒヨドリ
  15. モズ
  16. アカモズ
  17. ミソサザイ
  18. コマドリ
  19. コルリ
  20. ルリビタキ
  21. ノビタキ
  22. マミジロ
  23. クロツグミ
  24. ウグイス
  25. コヨシキリ
  26. オオヨシキリ
  27. メボソムシクイ
  28. キクイタダキ
  29. キビタキ
  30. オオルリ
  31. ヒガラ
  32. ヤマガラ
  33. メジロ
  34. ホオジロ
  35. ホオアカ
  36. アオジ
  37. カワラヒワ
  38. ウソ
  39. イカル
  40. スズメ
  41. コムクドリ
  42. ムクドリ
  43. カケス
  44. ボソ

1日だけなら普通の数字ですね。コルリやコマドリをどうにか写真に撮りたかったけど、囀りのみ。クロツグミとマミジロは普通ツグミ類を達成したい俺にはどうしても写真に撮らなければいけないライバルなのに、、、、、

がんばろう!

| | コメント (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »