« 台湾 | トップページ | シベリア »

2008年8月13日 (水)

台湾の小鳥達

台湾の小鳥達はカラフルでした。動きは早いけど、写真に撮られるのが好きらしく、時たまいい場所にピタッと止まり、デジスコできました。

Kanmurichimedori1

カンムリチメドリ。沢山いたよく見た小鳥。カラ類に似ているが、チメドリの仲間です。

Takasagomasiko1

案外よく見られた、タカサゴマシコ。日本のマシコ類と同じように小さな花の実を食べていました。

Takasagouso1

タカサゴウソ。これもまたよく見れた鳥で、日本みたいに赤くはありませんでしたが、オスメスでは背中の色が違うらしい。でも忘れた。

Miyamahitaki1

ミヤマヒタキ。よく見間違えたヒタキでした。

Kinbanrhoibi1

キンバネホイビー。台湾固有種らしいが、よくいた鳥です。

Kawahitaki1

カワヒタキ。名前の通り、山の渓流によく見れた鳥でした。すごく可愛い

Benisansyoukui1

ベニサンショウクイのオス。実際に見ると輝く赤、朱、オレンジ色のどれかがすごい。シャア専用だな

Hosigarasu1

予定外にホシガラス。日本の亜種よりも腹が黒く星が少ない。

Ruricyou1

ルリチョウ。流れの強い川で水浴びをしていた繁殖終わりの個体。羽はボロボロ。

Himeoucyuu1

ヒメオウチュウ。案外姫ではないぞ、こいつ!フライングキャッチはお手の物。

Himeoucyuu2

ヒメオウチュウ。何故か二枚だし!!

Mamihauchiwadori1

マミハウチワドリ。日本にも出たことがあるんだって。

Ryukyuutumabe1

リュキュウツバメ。ツバメ類は本当に豊富な国ですね。いいことだ!

|

« 台湾 | トップページ | シベリア »

探鳥旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 台湾 | トップページ | シベリア »