« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月23日 (木)

分からんカモ!!

あるところに行ってきたけど、全然分からんかった。

ついでに行ったところでたくさんカモがいた。

Hasibiro1

ハシビロガモのエクリプス。少し繁殖羽が見えている

Hosihajiro1

ホシハジロ。換羽仕立てで綺麗な個体

Magan1

ちょっと遠かったけど、まあ見れたよ

| | コメント (0)

2008年10月14日 (火)

トウゾクカモメ (苫小牧航路)

シリーズ最後はトウゾクカモメです。

Touzoku1

最初は識別に見とれてしまってシャッターチャンスを逃してます

Touzoku2

これもダメだけど、トウゾクと分かるかな?

Touzoku3

お腹が見えてるけど、現場では双眼鏡だけでは少し分かりづらかったでDeath!

Touzoku4

尾羽のスプーンがどうにか写っています。

Touzoku6

これが1番写真かな?もう少しクリアーな写真を撮りたいですね、でもその前に海鳥に慣れなければ

| | コメント (0)

アホ系 (苫小牧航路)

アホウドリが先週は見れていたそうなので、今週はアホ系3種がいけるかと思っていましたが、残念コアホウとクロアシだけでしたが、それでもいいかな!陸では見れないもん

Koaho1

遠い!本当はもっと近くに来てくれたんですが、俺の腕が悪かったんです!

Kuroasi1

クロアシはかなりよく見れたのですが、、、、

Kuroasi2

もったいない、、船が揺れすぎたのか腕なのか、、、

Kuroasi4

風も強くデブの俺が動いてしまうほどだから、ホソホソの大明神はよく飛ばなかったモンだ

Kuroasi3

こいつは飛んで行かなかったナイスな個体でした!

| | コメント (0)

オオミズナギドリ (苫小牧航路)

借り物のカメラで撮影です!

Oomizu1

Oomizu2

海鳥初心者の俺は何度も違う鳥に見えてしまうのです!

Oomizu3

Oomizu4

色んな角度からの写真ですが、これは自分のメモ用です!

Oomizu5

Oomizu6

こんな感じでしたが、オオミズナギも少ない航路でした。

| | コメント (0)

苫小牧航路 10月

中野組で苫小牧航路に行ってきました。船は夜中出航のベットつきの船です。快適!!四人で行けば完全貸切なのでお勧め。一人1つコンセントがあるのでカメラなので充電もOK!

で、夜11時ぐらいに船に乗り、風呂は行って睡眠。何度が船が大きく揺れたり、寝返りで頭をぶつけたりして起きるが、翌日の6時まで熟睡。

おきてみると風は強いし、波を荒い。酔い止めを飲み、鳥を探すが、オオミズナギドリばかり。今回はミナミオナガミズナギドリとハジロミズナギドリを見たかったのですが、それ以前に鳥が余りでした。

行きの船はクロアシアホウドリやコアホウドリ、トウゾクカモメなどが出て楽しめましたし、ハジロをちょこっと見れました。

帰りの船はアホウドリ系はまったくでない。トウゾクカモメとハジロ等は9時ぐらいまでは出てくれましたが、そのあとは出てオオミズナギドリでした。

今回はちょっと失敗でしたが、次回何時かは分からないけど、再挑戦が必要だ!

写真は個別で

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月13日 (月)

葛西臨海公園でお勉強。

頼まれ葛西臨海公園へ暫らく前に行ってきました。探鳥会に出たかったけど、まあしょうがない

潮の関係でまずは汽水池の方へ歩く。日曜バーダーがあそこにカワセミがいますよと教えてくれるが、申し訳ないが、我々はシギチの勉強である。ただ単に通り過ぎる

汽水池のセンターに1番近い場所にコオバシギとウズラシギ。真逆光で道具を使わなくてもシルエットにしかならない。かなり距離的には近かったけど、残念。

回り込んでブラインドから見たかったが、カメラマンが陣取って動かない。勉強のため見たいので場所を譲ってくれと頼んでもいやだと言われる始末。 このおっさん達は我々が帰るまでいたよ。コオバシギとは知らなかったらしいけど!!

Kooba1

これじゃあ、勉強にならんね

Tasigi1

タシギはじっくりと見れたし、アオアシ、セイタカも図鑑の説明と照り合わせて見れたかな。

渚に移動してみると、チュウヒが魚を食べている。

Cyuhi1

風が強いんじゃ!!距離が、、、周りにトビ、ブトガラス、セグロカモメ、オオセグロカモメ等が横取りしようと集まっていました。サイズの勉強に役立つ。

その後沖を見ていると、黒い雲が近寄ってくる。

Suzugamo1

スズガもが丁度渡ってきたのかな?

Suzugamo2

その数1000羽ぐらいが西渚に飛んで着ました。冬を感じますね~~!!

この後は林を歩き渡りの小鳥を探した後、解散。

余り種類は出なかったけど、見れた鳥は一応勉強できたかな?

| | コメント (0)

2008年10月 6日 (月)

伊良湖のハチクマとその他

ハチクマは2日目の午後から日没前が凄く良かったですね。低いところを飛んでくれ、あの巨体ですから、借り物のカメラでも撮影できました。

Hachikuma1

伊良湖は何故か幼鳥だらけのルートらしく、今回は成鳥は見れませんでした。

Hachikuma2

ハチクマの面白いところは下面のパターンが沢山ある事に尽きます。

Hachikuma4

色の黒いのから白いのまで色々。人間も鳥から見ればこんな感じなのかね?

Hachikuma5

ミサゴに見えるのやら、ノスリに見えるの、トビに間違えられるのまで、多種多様な模様。

Hachikuma4_2

今回見れたハチクマは越冬地に1年か数年滞在し、繁殖のためにまた帰ってきてくれることを祈るばかりです。

Tumi1

ツミもようけ飛んででくれはりました。低い位置を飛んでくれはりましたが、なんせ小さいからよう撮れんかったわ。

Tumi2

こんなんばっかしやわ。

Chigohaya1

これなんだか分かるけ?チゴハヤブサです。自分で撮影しておいてすっかり忘れなんだか考えるゴリラは俺だ!

Misago1

目の前に飛んできてハンティングをする漁師ミサゴ。デジスコでいただき!チゴハヤもだけど、ピンが合わなくてもいいなら、撮れますな猛禽類!!

その他にもノスリ、ハヤブサ、トビなどが出てくれました。ハヤブサは頭上10mぐらいで小鳥を追っかけていましたが速すぎて双眼鏡に入れて見るのがやっとです。

今年の伊良湖は猛禽は当たりの日程でした。

| | コメント (0)

伊良湖岬のサシバ

それでは本題のサシバ達です。

初日は雨のため見ようともせず、車の中で寝て、その後は周辺のシギチでした。なぜ?って、雨です。台風15号がそれほど悪さをせずに消えたのですが、雨だけは残りました。

2日目は朝からサシバ達がようけ飛びました。

Sasiba1

2日目はまだ小さい鷹柱しか出来なかったかな?時たまサシバが低く飛んで来ました。

Sasiba2

群れでもこれぐらい低く飛んでました。

Sasiba3

友達に借りたカメラで撮影。俺の持っているカメラよりもズームが効くので重宝しました。感謝!!もう、返さない!

Sasiba4

結構サシバは成鳥も見れました。

Sasiba5

3日目は沢山出ましたが、ポツポツ雨が降り、暗いしサシバは群れでかなり高い

Sasiba6

それでも、大きいサシバの柱が出来ると皆が歓喜の声を上げて喜びました。首が痛いなどと贅沢を言う贅沢者ばかりでした!!

| | コメント (0)

伊良湖周辺のシギチ

  第二段はシギチです。

今年は少なめ、種類も数も少なかったけど、逆にしっかりと観察することが出来て楽しかったかも

Medai1

メダイチドリ幼鳥。メダイは多く見れましたが、ほとんどが幼鳥か第1回冬羽でした。

Medai2

これは成鳥冬羽かね?

Keri1_2

ケリ。今年はかなり多くのケリをいたるところで見かけましたが、タゲリはゼロ。

Oosori1

オオソリハシシギ。たまに1羽か2羽でいましたが、これも全部幼鳥でした。

Oba1

オバシギ。ダイゼンなどの群れの中で違う種類を捜すと今回はオバシギが見つかるパターンでした。

Sirochi1

シロチドリ。結構いそうでいなかったです。干潟があれだけあればもっといても良さそうですが、大抵はメダイでした。

Turusigi1

ツルシギ。なかなか同定するのに時間がかかったけど、ツルです。俺のレベルでは距離があると嘴を見ないと分かりません。寝られると困ったものです。足が長く見えるとか比較する鳥がケリでは分からんとです!

シギチは19種類見れました。去年は20種類ですが、今年のほうが少なく感じます。

| | コメント (0)

2008年10月 5日 (日)

伊良湖に行ってきた

うん、今年も鷹の渡りを見に行ってきました。ここはそれ以外にもシギチなどの渡りコースでもあるため何かと楽しめます。鷹の渡りは結構天気に影響されるので、雨にも強いシギチは随分と助けてくれる楽しみです。

で、まずは小鳥達から行ってみよ~!

Komuku1_2

コムクドリ。エノキを食べています。

Kosamebi1

Samebi1

Ezobi1

ヒタキ三兄弟。サメビタキはよく見れ嬉しかった。

Hiyodori1

ヒヨドリの渡り。今回はかなりの量のヒヨドリが見れました。

小鳥ではないけど、

Kawau1

飛べます、飛べます!!

Kawau2

前回とは違ってカワウがこんなにもいたのかと思うほど、群れがいたるところで見れました。3000羽は越していたかと思う。

| | コメント (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »