« アトリとヨシガモ | トップページ | Young探鳥会:上野不忍池 »

2008年11月20日 (木)

奥日光<銚子<ムラサキサギ

  奥日光へ山の鳥を見に行く予定でしたが、生憎の天気で、山を舐めたら怪我をするとの考えで、山の変わりは海だろ、と銚子に行く事にしました。

その前に茨城で出ているムラサキサギを見ようと移動です。

2時間待って6秒間出てくれた!!

Murasaki1

はい、これが精一杯でした。生憎の天気でぶれるし、モニターに入ったと思った瞬間に植物の中に降りてしまって、それっきり。ピント合わせしながらシャッターを押した結果です。

待っている間はチュウヒやタゲリを見ていました。そんな中ハイイロチュウヒがいるのにSさんが気付き、そこからはどうにか写真をデジスコで粘るが、ダメですね、飛び物、俺が

Chyuhis

どれがハイチュウでしょうか?このクオリティーで分かれば凄いね!

右上の個体がそうです。上面に少しハイイロが出始めているので、オスの若鳥かな?

その後、時間も時間なので銚子は中止で、休耕田や蓮田を巡り、情報通りオオハシシギを見つける。

Oohashi1

左上の尾羽は綺麗な感じで好きです。後は一連の連写ですが、左下の嘴に要チェック!!上向きに曲げれるのです!

その他、ツメナガセキレイが2羽いました。

Tumenaga1

どの亜種かは分かりません!

Tumenaga2

野外では幼鳥の場合、識別は無理に近いらしいけど、こいつなら分かるかな~と思って調べたけど、残念!!知らん!

Tumenaga3

別個体もいました。こっちの方が更に若い印象。2羽は中が良いのか悪いのか、追っかけた、共にほかのセキレイから逃げたりでした。

Takabu1

タカブシギはこの時期にまだこんだけいるんですね。以外でした。

Takabu2

これは成鳥の冬羽でいいのかな?

この後、印旛沼でモモイロペリカンを見た後、更に移動。

Kohaku1

最後は本埜村に行って白鳥を見に行きました。ここは初めての場所でしたが、まあ他の白鳥餌付け場と同じで無駄に近くまで寄れますので、デジスコではこれぐらい近くになります。これでも1番遠い個体です。おまけに幼鳥!

|

« アトリとヨシガモ | トップページ | Young探鳥会:上野不忍池 »

探鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アトリとヨシガモ | トップページ | Young探鳥会:上野不忍池 »