« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月30日 (火)

定例高尾山探鳥会

今年最後の探鳥会に行ってきました。その後の忘年会にも行ってきました。

さすがに年末のこの季節、参加者も少し減ってるし、観光客も減っているが、それでも例年よりはかなり多い。

鳥は普通に聞こえるし、見える。

と、その前にシモバシラ

Simobasira1

テッシュペーパーにも、カマキリの卵にも見えますが、一応氷の塊です。

カラ類の混群やルリビタキの地鳴きを聞きながら、ゆっくりと登る。

普段は山頂まで行かないが、最後の探鳥会なので山頂まで。途中でミソサザイが山道の脇にいた。木の露出した根っ子の隙間を出たり入ったりして、エサを捜しているようだった。

Misocyo1

写真では分からないけど、早く動きすぎて残像の画像です。

山頂まで行き、お弁当、鳥合わせ、解散の流れ。

その場にいたキジバト。動きません!!

Kijibato1

有志で忘年会に行くまでにコースを降りていくと最後にルリビタキ

Ruri1

結構長い間この枝に止まり、さえずりの一部分を繰り返し歌ってくれました。1Wか2Wぐらいかな?この写真ではよく分かりませんが、、、

それにしても、忘年会は興味深かった!!

| | コメント (0)

2008年12月28日 (日)

ヤマシギの威嚇

意外な程ヤマシギがたくましく見えた一瞬の動画です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤマシギの本性

この頃はアオシギが冬の間よく来ることで有名になった、公園へ行きました。目的は到着したと連絡があった、アオシギの観察。運が良ければヤマシギとアリスイ、おまけでクイナが頭の中にありました。

着いていつもの場所で捜すと直ぐにアオシギを見つける。一番奥の方でじっとしているがよく見えない。

Aosigi1

動かない!!

すると横のオッサンがヤマシギが出てきたと言ったので見えそうな場所にチョコチョコと移動。

Yamasigi1

いたいた。暫らくするとカラスが近くに降り立った。ヤマシギを虐めるつもりかなと思ってみていたら、、、、、、

Attack1

ヤマシギが威嚇し始めた!!

Attack2

撃ち方、用~~意!!突撃~~!!

Attack3

グギャ~~~!!

その後、何もなかったかのようにまたエサを捜し始めるヤマシギ。

Yamasigi2

カラスが何度か近寄るたびに、威嚇して追い出す。そんなこんなで、我々に近づき

Yamasigi3

カラスが諦め、ドバトを人の上浮く腕追っかけて八つ当たりをしてると、怖がってしゃがんでいたね

Yamasigi4

しっかりとポーズを決めた後藪の中へ飛んで戻って行きました。ありがとう!

Akahara1

その後はアカハラが長いポーズを決めて

Aoji1

足元をアオジがチョロチョロし、

Arisui1

アリスイがいつもの木に止まり、

Tugumi1

ツグミが滝川クリステル並みの斜め45度(裏バージョン)を魅してくれた。

いい一日だったね!

| | コメント (0)

ウズラ軍団のその後

この頃よくウズラたちはどうなったか聞かれるんです。

みんなオイラが食べたと思っているんでしょう?ハイ、何度か〆ようか考えましたが、少なくても卵を産むまでは我慢!!

そうです、1羽メスがいました。

えさです。手前からえさ、ボブ、エサです。

Esaf1

ノドが茶色の可愛い子です。愛嬌もよく、少しシャイ。少しいじめられっ子。

いじめっ子はボブです。当たり前だ!!暴君ボブですから。

Bob1

上の写真だと手前だボブ、えさで、エサは顔なし!!

眉班が白く、ノドも白い。1番ウズラ軍団の中では白い。よく見ると目が相変わらず小さい。気が強く、人が寄ると1番最初にエサくれアピールをする。

エサは眉班がまだ少し茶色いし、目がデカイ!!体も1番デカイ。ミールワームが大好きだけど、いつも俺の指ばっか噛む。ボブはワームだけ的確にかむのに

Bobesa1

ボケているのがえさで、真ん中がボブ、奥がエサ!!

分かったかな?1番囀るのがボブで、ジャンプしてふたに頭をぶつけるのがエサ。

可愛いけど、くさいのが難点。ウンコ臭~~~~~

| | コメント (0)

2008年12月27日 (土)

ああ~頭、詐欺

ある詐欺がある場所で起きていると言うので、ヤクザなオイラは見に行ってきました。

Akagasira1

ナイス!!着くなり直ぐにいたよ!でも直ぐに葦の中に入ってしまった

Akagasira2

詐欺が格子状の場所に入った!!刑務所じゃないか~~!!

Akagasira3

俺には見えてるぞ!!詐欺はお前だ!!

Akagasira4

詐欺、足抜け!!

Akagasira7

魂が出た!!!合成です!

Akagasira5

これと

Akagasira6

これの合体品でした!

何の鳥だか分からない人はアカガシラだからね、勉強してちょ!

ほかにもヨシガモ等がいたけど、カモ事態は個体数が少なかった。昔はもっといたような気がするけど、ここも減っているね

| | コメント (0)

2008年12月24日 (水)

渡良瀬へGO!

  いつものみんな渡良瀬へ行きました。いつものルートで多々良沼、板倉町のカラス、谷中湖、鷹見台、塒でしたね。

予定通り数分の遅刻で新宿に到着。新しい山の手トンネルに挑戦して、未知はスムーズに多々良沼まで行く。

駐車場でベニマシコのお出迎え。カケスやカシラダカもいた。オジロトウネンやハジロコチドリもビックリするほどいたけど、写真はなし!

Miko1

ミコアイサの群れ。水面上ではミコアイサの群れが見れた。久しぶりの感じ!

Oohasi1

去年も見たけど、ここにはいつもいるのかな?オオハシシギです。

ここから移動して、シジュウカラガンとマガンが来ている調整池へ

Sijyuu1

シジュウカラガン。かわい~~~い!

Magan1

マガン。こわ~~い

ここからコクマルガラス探しに行きました。直ぐにミヤマガラスの群れは見つけて、その中にシロマルも入るみたい!!

Siromaru1

コクマルガラス。この中では虐められていたね!!人間と同じで、他と違うものを虐めるのね!

シラコバトを見たその後、谷中湖へ行き、カモの少なさにビックリする。辛うじてヨシガモをゲットするが、全部で何羽いるかカウントできそうなぐらい少なかった。

Kawaaisa1

カワアイサ。オスタイプばっかいたような気がした。

鷹見台に移動して、猛禽類を期待したが、少ない!!やっとチュウヒが何回か飛ぶぐらい。

Chuhi1

3羽ぐらいが飛んだり木に止まったりして存在をアピールしてくるがね、、、

Chuhi2

結構近くを飛ぶから、デジスコでも狙う。

段々日が落ちてきてオレンジ色の景色へと変わってきたところ、コチョウゲンボウの登場

Kocyougen1

いつの間にか止まっていたけど。もう1羽富んできてこれはみんなで綺麗な羽を見ることが出来た。両方ともオスでした。

Kocyougen2

尾羽も綺麗に広げて飛んでくれたので、思わず声を上げてしまった。

オオタカやミサゴも木に止まっていた。

Ootaka1

暗くなる前に塒に移動。この日はここに昼間には車が10台近くいて、カメラマンがずらっと大砲を並べていました。自分で見つけて見る力がない人が増えたのか、機材が良くなりすぎて機動力がなくなってしまったのだろう、、、ハイチュウとチュウヒの塒入りだけが渡良瀬の全部ではないけどね!

Chuhi3_2

ねぐら前のきにチュウヒが止まった。相変わらずチュウヒの性齢がわからない!!

Kocyougen3

暗くなってからコチョウゲンボウが近くに止まっていた。ISOをあげて露出もプラスにして、やっとこれです。ピンク色になって綺麗かもね!

ここでお開き。蓮田SAで鳥合わせ後、新宿解散でした!

皆さんお疲れ様でした

| | コメント (0)

2008年12月18日 (木)

川内のカラフトワシと集まる鳥たち

九州2日目は温泉から!!朝風呂!車の中に寝て体が凍ったように悴んだので、温かい温泉で解してからの探鳥です。

実は最初の浴槽のお湯は冷たくってビックリでしたけど!!

川内に移動してattoさんが来るまで自分ひとりでカラフトワシを探そうと思いグルグルするが見つけれない。

その代りに1万羽のアトリが、、、、

Atori1

電線がたわむほど、靄がかかってたけど見える範囲にアトりがなっている!!すげ~~~こんなにアトリを見たのは初めて!

その後attoさんが登場して、地元のA村さんの案内でカラフトワシを見に行く。

あれ、そこは行ったけどな~~??と思っていると見た場所のほんの少し死角にいました。そこは知らないと見えないよ!!と思う私でした

Karafuto1

カラスに虐められても毎年ここに来てくれるこいつはいじめられっこの鏡!

Karafuto2

また来年も着て欲しい、鳥の世界のロマンを感じずには入れませんね!

その後またアトリを見に行きました。

Atori2

うぎゃ~~、お前ら!!電線から群れのほんの一部が水田に下りましたが、その様はまさに雲。凄い!

その後、たこ焼きを食べに行き、attoさん、ご馳走様でした!!腹いっぱい!

川内で小鳥を狙うが生憎の雨が降り、ハイチュウを狙うが、腕が悪い!

Haichu1

更に個人的流行オオカワラヒワ

Kawarahiwa1

通称オシドリ池にも案内してもらったし、何度も川内のポイント廻ってもらったが、雨が生憎強くなってきてここまでとなりました。

今回もやさしく案内をしてくれたattoさんには本当に感謝です。東京に来て、明理ちゃんと赤坂サカスに行きましょう!!

| | コメント (0)

2008年12月16日 (火)

出水ツルツルタゲリ?

今年もまた、行って来ました。あれ?今年の1月に行ってるから1年ぶりではなく1シーズンぶりか!

目的はソデグロヅル。更に前回ダメだったクロヅル。結果は成功!

Miyamagarasu1

って、まずはミヤマガラスでしょ!観測センター前の電線に人から逃げる訳でもなく、えさを狙って止まっている群れ。

センターの方には狙っていたツルがいなかったので東干拓地へ移動。

Tageri1

観察所前にはえさを求めツルやタゲリが集まっていました。

Mana1

マナヅル

Nabe1

ナベヅル。前回も見慣れた風景

Kanada1

カナダヅル。餌付けの餌がなくなって太陽も上がってくると干拓地全体に群れが広がり、やっと珍しいツルも見つけれます。カナダは写真を撮って横の人と話しているうちに見失いました

Kuro1

クロヅル。近かったけど、なかなか頭を上げてくれなかったし、結構動くのね、こいつ。ピンは胸にあってしまうし!

東干拓でソデグロが見つからないから、昼飯を食べて荒崎に戻る。

少し遠い場所で、コウノトリのような白いデカブツを発見。

Sodeguro1

空気がもやける!こいつも忙しく羽繕い。

Misago1

ヘラサギがいるかもしれないので、水路や干潟をチェックしに行き、去年良かった場所へ。前回と同じく、ミサゴだらけ!!

Tugumi1

ツグミ類も着ていた。

Mejiro1

メジロ。いい感じ!

Seguro1

漁港に行ってヘラサギを捜すが、カモメ類だけ。セグロカモメね

Hayabusa1

オオハヤブサは今年も高圧送電線の上。更に数羽のライバルが今年はいるそうだ。

Hayabusa2

背中はこんな感じ。綺麗だね!

車の中に泊まったので体が芯から冷え切っていたので、温泉めぐり!!

九州は温泉があるから死なずに済むのね!

| | コメント (0)

2008年12月 9日 (火)

アメリカ人来日!

アメリカからクラスメイトとその彼氏が数日間遊びに来ました。タイへ行く途中の乗り換え便を上手く調節して日本に5日間滞在できたのです。

クラスメイトはもちろん、彼氏も自然大好き。日本食も大好きなのでこちらは随分楽です。適当に居酒屋やすし屋、麺類を食べさせればいいんだから!

1日来日の日を間違えて教えられたので、成田で無駄に数時間を過ごしたけど、その間に福原愛やヒル国務次官補を目撃!!

次の日の夕方無事合流して、そのまま居酒屋にGO!7時ぐらいから盛り上がり11時までかなりの量のビールに日本酒、焼酎を飲む。

Nicole_gyan_023

次の日は時差ぼけもあるだろうと朝から築地へ

二人はかなり二日酔いみたいだが、我関せず!!ラッシュアワーを経験しつつ、築地へ到着。場外でまずは体を温めるために安い立ち食い蕎麦を食べてから場内へ。それからお寿司を軽くつまむ。ここでヨネスケを発見!!

その後、明治神宮に移動して探鳥。アトリ、オオタカ、ハイタカなどが出る。その他は普通の冬の鳥類。

次の日は天気が悪くなるようだったので、観光。両国、浅草、上野といったところをひたすらビールを飲みながら歩く。アメリカ人には酒を路上で飲む行為がかなり新鮮、あっちでは違法ですから

翌日は天候も回復。葛西臨海公園で鳥見。

Hamasigi1

Zuguro1

ハマシギはかなり近くのテトラポットにいたんだけど、右目を怪我しているためか1羽だけでいました。ズグロ君はおとなしくしてくれず、直ぐに逃げられた!!ここは大きく期待を裏切られ鳥が少なかった

最終日は飛行機の時間まで銚子に行きました。

カモメ類は去年よりは随分ましではないでしょうか?海が荒れていたからかも?このまま更なる数が入ってくれれば久しぶりに当たり年になってくれそうな期待はあります。

カモメ、ユリカモメ、セグロカモメ、オオセグロカモメ、ワシカモメ、シロカモメはいましたが、カナダカモメは確信を得る前に飛ばれ証拠写真も撮れませんでした。いつもの料理屋で最後の日本食。刺身定食としめ鯖が気に入ってくれたようで好かった。

君ヶ浜でクロサギを見て日本での探鳥はお仕舞い。

Kurosagi1

成田に早く着いたので、時間つぶしにダラダラ話をして、来年の再会、奴らの家の小屋の所有権をジャンケンで勝ち取る!!

そして、奴らは俺に500円の借金をしてタイへとシンガポール経由旅立って行ったのである。

オイラは十一なのに!!来年は怖い!

| | コメント (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »