« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月23日 (水)

シギチの続き

前回の記事の続きです!!三番瀬に行ったけど、ヨーロッパトウネンがどれだか分かりませんでした。自分なりに見分けポイントを考えていたけど、それに見合う個体がいませんでした。でも、詳しい人に聞くと目の前を通過して行ったようです。

Hamasigi1

でも、まずはハマシギ。成鳥夏羽から冬羽に換羽中ですね

Hamasigi2

これも同じですね。嘴に赤い巻貝みたいなのを咥えてます。これがこいつのご飯?

Miyubisigi1

ミユビシギ幼鳥。黒白がよく目立って砂浜を鮮やかに飾っているやん!

Miyubisigi2

かっちょい~~

Tounenn1

普通のトウネン

Tounenn2

迷ったトウネン。副眉斑、背中の白いV字でも、肩羽と三列の軸斑の黒さと羽縁のオレンジみが足りない、風切が尾羽より出ているなど、違う点もありました。現場ではトウネンに見えました。

ほかにヨロネンに見える個体を撮影したのですが、写真がボケていたのとどうも違うように見えるので次回への宿題です

| | コメント (0)

2009年9月22日 (火)

三番瀬(2009/09/20)

白樺峠から帰り、次の日は5時に中野駅ね!!と偉そうに約束したのに、朝携帯がなっているなと思って起きたら、N大明神からみんな着いたよ~!と連絡。あちゃ~~寝坊した!!諦めて自宅にいるつもりだったが、電話があり自宅近くの駅まで迎えに行くよとのありがたいお言葉。ははははは~~~~

ありがとう

三番瀬に着いたら早くも人だらけ。それでも40人ぐらい?早速挨拶を済ませて、観察。見慣れた懐かしい鳥だ。ココは一眼レフの距離

Himehama1

よく見つけたな~!!三番瀬へ通っている本気のバーダーはすごいね~~!!

Himehama2

うん、幼鳥だね

Himehama3

肩羽のイカリ模様がヒレアシトウネンみたいだけど、嘴が違うから、間違いなく、ヒメハマシギですね

| | コメント (0)

2009年9月21日 (月)

2009年9月19日の白樺峠

18日夜集合、諏訪湖SAで仮眠失敗、道の駅で仮眠、翌日早朝コンビニ後、白樺峠の広場に7時に到着。

さむ~~~~!!太陽はどこ?靄がでて、風がビュ~~と吹いて、何も見えません!!おっと、それは目が開いていないから!!眠い眠いといいながら鷹の渡りが始まるのを待つ、集団!予想以上に寒くて、靴下を持ってくればよかったと思う私である。

前日までに随分とサシバが渡ったようで、少しトーンダウンでしたが、まだハチクマが渡りきっていないから大丈夫と根拠のない自信は現実のものとなるのでした

Hachikuma1

中間型オス成鳥

Hachikuma2

淡色型メス幼鳥

Hachikuma3

淡色型メス成鳥

Hachikuma4

中間型メス成鳥

Hachikuma5

中間型オス成鳥

途中から天気は回復してきたが、それでも雲が多く、まだ練習の足らない私ではカメラを使えこなせないので、大変でした。カメラのピンが背景と鷹の間を行ったり来たりでした。何度美しく撮影するチャンスを逃したか!!

でも、こんな私にも眠い中運転を頑張ったご褒美がありました。

Kumataka1

クマタカ!!それも凄い近く!!

Kumataka2

広場の左手の森の上辺りをこんな感じで飛翔

Kumataka3

成鳥オスと思いまっせ!!

観察できた猛禽類はミサゴ、ハチクマ、トビ、ツミ、ノスリ、サシバ、クマタカ、チゴハヤブサ

8種類でしたが、人によってはハヤブサとオオタカも見たそうです。ハヤブサは確実に見損ないましたが、オオタカは我々が帰った後でしょう、いるときは絶対に出ていませんが、騒いでいる人たちがいました

我々は鷹見に満足して、19日にキャンプ予定からそのまま帰宅を選び、温泉に入ってから帰宅しました。渋滞もなくスムーズに家に帰れました。

翌日は三番瀬でヒメハマシギを見に行こうとの計画でした。

| | コメント (0)

2009年9月16日 (水)

やっとササゴイ

ハイ、そうです。ササゴイを見つけました。我が家の方ではこの時期にこんな場所で見るのは珍しいのです。それも幼鳥と来れば、どこか近くで繁殖でもして、地元の幼鳥かもしれないと考えると愛着がわくというものです。

Sasagoi1

着いて直ぐに、首を伸ばし始め何をしてるのかな?と思ったら、真上の花に止まったモンシロチョウを食べようとしてるではありませんか!!先日もトンボを捕まえる写真が撮影された有名な個体ですから、私も挑戦!!白とびしましたね、蝶が!!鳥自体もピン甘!

Sasagoi2

その後、藪の中に餌取りに入ってしまい、出てくるのを待っていると、突然飛び出し、慌ててシャッターを切りました。デジスコだと間に合わなかったですね。もちろんピントは合っていませんが、その場の雰囲気だけでも!

Sasagoi3

飛んでいった先は川の人口の瀬。川原石が熱いのか、移動しまくり

Sasagoi4

熱~~~~い!

Sasagoi5

一眼レフで撮影。手前の草も入れてみました。

Sasagoi6

デジスコで撮影。

あなたはどっちが好みですか?雰囲気まで味わう一眼レフか迫力のあるアップ写真のデジスコか?写真のクォリティーは無視ですよ!!

それとも

Momonabe1

モモ鍋が良いかな?体がでかくなって狭くなった鍋に少し苦しそうなモモちゃんでした!!

| | コメント (0)

2009年9月12日 (土)

ササゴイはどこ?

近所の川にササゴイが出てるらしいから、探しに行ったのだけど、、、、

Daisagi1

ダイサギだ~、違った

Kosagi1

グアァ~~、コサギだ~~

Aosagi1

グフッ、アオサギだ~

ササゴイはどこよ~~!!見つけれませんでした!

Kawasemi1

カワセミ愛好家ではないけど、腕試しに挑戦、、、、

Kawasemi2

失敗!!手持ちだとずっと待っている間に腕がプルプルしてくるね、それも自転車に乗ってアンバランスだったので、ピン甘戸しておいて下さい、腕ではありません!!

Nagasakiageha1

ナガサキアゲハだと思います。近頃よく飛んでますね。これも温暖化の影響でしょうね

| | コメント (0)

2009年9月 7日 (月)

今日も一眼レフでツツドリ

今日も砧へツツドリを撮影しに行きました

前日撮り忘れた下尾筒を撮影したかったのです。今日もすっかり忘れるとこでしたが、、、、

Tutudori1_2

下尾筒にはっきりと黒い線が出ていますね、ツツドリです。

Tumagurohyoumon1

ツマグロヒョウモン。温暖化で分布域を広げているようですね。スミレ類で幼虫を見ることが出来る道です。ネットで調べたら、オレのビオラを食べ荒らす毒々しい幼虫がこいつらだったのね!それも毒がないんや!

Park1

写真だと雰囲気が良さそうだけど、少し緑の多い都市公園だよ~

| | コメント (0)

砧の渡り小鳥

前々から砧に秋の小鳥が入っていると聞いていたので、練習に言ってきました。一応、デジスコの用意もして。この頃、土日は人が多くて鳥がどうしても抜けたり、木の高いところへ行ってしまうので、デジスコでないと距離が足りないことがあるんでね

Tutudori1

赤色タイプの若い個体だと思う

Tutudori2

もう少し赤色メス成鳥なら赤く出ると思うけど、こればかりはしたから見上げているから本当の色に羽根の状態は分からないからね

Kosame1

コサメビタキ。お立ち台を発見して、簡単に撮影が出来ました。

Kosame2

お立ち台は二つあって、両方が案外高い位置なので、首が、、、、

Kosame3

2個体いましたが、そっくりな個体だったので、家で見直してもどっちがどっちだか分かりませんでした。年齢は1Wでしょうね。

| | コメント (0)

2009年9月 5日 (土)

多摩川河口

今日は多摩川河口での野鳥の会東京支部のヤング探鳥会へ行ってきました。暑くなる予報だったから、行くのは嫌だったのですが、簡単に口約束をしてしまったので、行きましたが、結局話そうといっていたことはまったく決まらずに終わってしまったとさ!

鳥は昔の河口を知っているものから言って、悲しいのでまったく期待を持たずに行きました。噂である鳥がいるとの事だったので、デジスコの用意も持って行きました。

まずはシギチを捜すが、中洲にイソシギ、ソリハシシギもいたが、イソシギだけしかいないと思い違うよ!!よく見なよ~~!と偉そうに言ったらソリハシシギもいた、、、、

そのアトウミネコでカメラの練習

Umineko1

白トビがやはり難しいね

Kiasisigi1

キアシシギをデジスコで

Kiasisigi2

キアシシギを一眼レフで。距離は大体同じぐらいです。

その後パラパラとシギチも出るがいかんせん、少ない。葦原の小鳥もほとんど出ないから、例の鳥が出ていると言われる場所へ移動。

Yosigoi1

ヨシゴイ。普段はハスの中で見ているような気がするが、本来は名前通り葦の中に入る鳥なんやね~

Yosigoi2

みんなはオスの個体と言ったけど、メスなんではないかな~?図鑑とかもって行かなくてはっきりと言えなかったけど、胸の縦斑ははっきりと見えるよね?若オスの胸には成鳥メスの縦斑より薄いのが出るから、若オスなのかな?でも、オスはこんな感じか?今まで気にしたことがなかったから、わからん

Kumo1

最後はクモ。デカイよ、こいつは!!アブラゼミがクモの巣にかかって暴れていたら、こいつが出てきてグシャジャジャジャとやっつけてしまいました。なんて種類だろうか?

| | コメント (0)

野川でチェック

野川でカメラのチェックをしてました。

暗い曇り、カメラの設定を勉強中にはいい感じ

Kogera1

暗い中でもどうにか色の出し方とぶれの予防が分かってきたような、、、

Kawasemi1

カワセミ若メスだす。換羽が進んでいる個体。ISOを上げるとザラツキはやはり目立ちますね

Karugamo1

カルガモの群れ。ホワイトバランスをオート

Karugamo2

カルガモの群れ2 WBは日陰。

Kisekirei1

これも暗い中、ISOを上げるとザラツキが出ますね。なるほどなるほど!!

| | コメント (0)

2009年9月 2日 (水)

野川でテスト

台風の後、三番瀬に行くつもりが起きたのが、8時ではもう遅い!!

そこで、近所で何か動きがないかと走ってみるが、いた鳥が抜けて空っぽのようだ。

そこでまたまた、練習

Daisagi1_2

ダイサギがオラにビックリしただよ。白飛びしてますが、暗いところより、明るいところで白い鳥を撮影する方がこのカメラでは良いようです。

Kosagi1

少し曇ったら、露出とかをいじってみたが、少しだけよくなったかな?ズームを引いて使った方が綺麗に写るのはズームレンズの性かな?

Karugamo1

カルガモの目にピンを合わせてみましたが、腰の辺りにノイズが出てます。ISOを400にしてますが、これはボケによるノイズかISOのザラツキなのか、判断よく分からんです

| | コメント (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »