« トンボの日 | トップページ | ハクガン、ヒシクイ、マガン »

2010年8月11日 (水)

罪な人間がツミを見てきた

近くの霊園にツミが5羽も巣立ったと聞いて、見てきました。暑い中、蚊と戦いながらツミの幼鳥が乱舞していました。

Tumi2

まだ人が怖いと知らず、みんなの周りを飛び回り、親にえさをもらいます

Tumi3

自分たちで捕るときはアブラゼミが多く、親にももらいます

Tumi4

暑くなると木の低いところに降りてきて、日陰でじっとしています

Tumi5

一番若い、まだ巣立ちといっても、すぐに巣に戻る個体。目の周りにまだ雛の羽が残っている。

Tumi6

ハイタカ属の雰囲気が出ていますね。顔は幼いけど、やはりそこは猛禽類

Tumi7

こんな感じで撮影すると、非常に幼く見えますね!!

Tumi8

パパです。若いオスですね!!足は雛たちにあげる餌の小鳥の血がついています。野生ですね!!

|

« トンボの日 | トップページ | ハクガン、ヒシクイ、マガン »

探鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« トンボの日 | トップページ | ハクガン、ヒシクイ、マガン »